「住宅ローン」でおすすめの銀行ランキング10選。「住宅ローン」のスペック比較

目次

「住宅ローン」おすすめ銀行比較。ここがポイント!

サービス名WEB申込コース住宅ローン住宅ローン住宅ローン変動セレクト住宅ローンパワースマート住宅ローン住宅ローン住宅ローン住宅ローン住宅ローン
新規借入/変動金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.320%
通期引下げプラン
年0.298%
全期間引下げプラン
年0.319%
住宅ローン
年0.290%
変動セレクト住宅ローン
年0.397%
パワースマート住宅ローン
年0.420%
住宅ローン定率型/新規限定
年0.430%
変動金利選択プラン
0.345%~0.475%
ずーっとお得!全期間型/融資手数料型
年0.340%
最後までずーっと引き下げプラン
0.675%~0.925%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.948%
当初引下げプラン
年0.948%
当初期間引下げプラン
年1.185%
住宅ローン
年1.145%
変動セレクト住宅ローン
年1.560%
パワースマート住宅ローン
年1.100%
住宅ローン定率型/新規限定
年1.690%
固定10年プレミアム
0.980%~1.110%
はじめがお得!当初型/融資手数料型
年1.585%
最初にぐぐっと引き下げローン
年1.340%

「住宅ローン」で銀行の選び方

1.同じ金利タイプの中で少しでも低金利の住宅ローンを選ぶ

住宅ローンの金利というのは、0.1%、0.2%という違いなのですが、この0.1%、0.2%が数十年という長期間になると、総返済額が何十万円、何百万円という違いが出てきます。

借入額3,000万円で35年間、金利変動なしで変動金利を借りた場合の総返済額

  • 金利0.5% → 総返済額:32,707,559円
  • 金利0.6% → 総返済額:33,267,427円
  • 金利1.0% → 総返済額:35,567,795円
  • 金利差0.1%で約56万円の総返済額の差
  • 金利差0.5%で約286万円の総返済額の差

つまり、少しでも低金利の住宅ローンを選んだ方が、全体の総返済額は安くなるということになります。

住宅ローンを選ぶ際には「少しでも低金利の住宅ローンを選ぶ」というのが重要なポイントです。

低金利の住宅ローンを選ぶ時の注意点

同じ金利タイプで比較する

住宅ローンには

  1. 変動金利
  2. 当初固定金利(一定期間固定金利)
  3. 全期間固定金利

の3つの金利タイプがあります。

当初固定金利は、さらに当初期間によって

  • 当初2年固定金利
  • 当初3年固定金利
  • 当初5年固定金利
  • 当初7年固定金利
  • 当初10年固定金利
  • 当初15年固定金利
  • 当初20年固定金利

と、細分化されます。

金利タイプによって、金利変動の仕方やリスクが異なります。

金利タイプ変動金利当初固定金利/一定期間固定金利全期間固定金利
金利タイプの解説調達金利(無担保コールレート・政策金利)の変動に合わせて、住宅ローンの金利も変動する金利タイプ借り入れから一定期間は同じ金利が適用される金利タイプ。当初期間終了後は、新たに変動金利や固定金利など金利タイプを選択できる借り入れから完済までずっと同じ金利が適用される金利タイプ
メリット・他の金利タイプよりもベースの金利が低金利・当初期間の金利は低金利・借入から完済まで金利はずっと同じ
・返済額がずっと一定なので返済計画が立てやすい
デメリット・返済途中に金利が上昇すると返済額・利息が上昇するリスクがある
・返済額が金利動向で変動してしまうので返済計画が立てにくい
・当初期間終了後は金利が上昇する設計のものが多い
・当初期間終了後に変動金利を選べば金利上昇リスクが発生する
・他の金利タイプよりもベースの金利が高金利
・積極的に販売している銀行が少ない
金利上昇リスクありありなし
ベースの金利低金利当初期間は低金利
当初期間終了後は高金利
高金利
主力商品として販売している銀行ネット銀行
流通系銀行
大手都市銀行(メガバンク)
地方銀行
フラット35
→ 各銀行が販売
注意事項・金利が上昇しても、返済額の上昇率は5年で1.25倍に制限される
・金利は半年ごとに見直される
・当初固定タイプは当初期間終了後に金利の引き下げ幅が小さくなる(金利が上昇する)
・全期間固定タイプは金利の引き下げ幅は完済まで一定だが金利のベースは高い
・フラット35は販売を銀行に委託しているため、どこの銀行でもフラット35を利用することができる。
・民間の金融機関は積極的に全期間固定金利を販売していない。
今と同じ低金利状態が続く×
今よりも少し上昇する
今よりも大きく上昇する××
  • 今後金利上昇するリスクがある反面、はじめから低金利の変動金利
  • 今後金利上昇するリスクがない代わりに、はじめから高金利の全期間固定金利

を同じ土俵で金利比較しても意味がないのです。

住宅ローンの金利比較をする際には「同じ金利タイプで比較する」ことが非常に重要なポイントとなります。

当初固定金利は、当初期間終了後金利に注意

当初固定金利は

  • はじめの○年間(当初期間・特約期間)は低金利
  • はじめの○年間(当初期間・特約期間)が終わると金利が上昇する

という仕組みの住宅ローン金利になります。

当初期間の金利だけ低金利にして、当初期間終了後の金利が大きく上昇している住宅ローンも少なくありません。

この場合は、当初期間の総返済額が小さくても、その後の金利上昇によって、完済までの総返済額が高くなってしまう計算になるのです。

当初固定金利を選ぶ際には、同じ当初固定金利で金利比較すると同時に、当初期間終了後の金利も比較しなければならないのです。

当初期間の金利と、当初期間終了後の金利がわかっても、上手く金利比較できないという場合は、総返済額を計算して、総返済額が安い住宅ローンを選ぶべきです。

総返済を計算できるシミュレーションツールはこちら

2.無料付帯される保障の質で住宅ローンを選ぶ

住宅ローンを選ぶ際に金利と比較して重要になるのは「無料付帯される保障」です。

10年、20年、30年と長期にわたる返済が必要になる住宅ローンの場合は、いつ病気になって返済できなくなるかわかりません。病気になって、働けなくなって、給料がなくなれば返済ができなくなってしまう可能性もあるのです。

返済できなくなれば、せっかくそれまで住宅ローンを返済してきたとしても、競売にかけられ、マイホームを失うことになってしまうのです。

そうならないために重要なのは「保障(保険)」なのです。

一般的に民間銀行の住宅ローンを選ぶと

  • 団信(団体信用生命保険):契約者が死亡した場合に住宅ローンの残債分が保険で補填される(遺族が住宅ローンの返済をせずにマイホームが相続できる)

が付帯されています。

最近では、この団信に加えて

  • 全疾病保障:病気になって12カ月就業できない場合に住宅ローンの残債分が保険で補填される
  • がん団信:「がん」とし診断された場合に住宅ローンの残債分が保険で補填される
  • 介護保障付団信:要介護状態になった場合に宅ローンの残債分が保険で補填される

などが無料付帯される住宅ローンが増えています。

無料で、病気や介護状態になったときの保障が付帯されている住宅ローンの方が、万が一のときのリスクを回避できるのでおすすめです。

3.コスト負担とお得で住宅ローンを選ぶ

住宅ローンの場合は

  • 返済する利息

以外に

  • 事務手数料
  • 保証料

が発生します。

ネット銀行の場合は、保証料無料の住宅ローンが多いのですが、メガバンクや地方銀行の住宅ローンでは「保証料:金利+0.2%」という住宅ローンも多いので注意が必要です。

また、これらのコスト負担に加えて

  • 印紙代無料サービス
  • 割引サービス
  • 優待サービス

などがあるケースがあるので

これらの金銭的メリットも合わせて、コスト負担を計算し、コスト負担が小さい住宅ローンを選ぶべきです。

ネット銀行、メガバンクでもネット専用プランの場合は

  • 保証料:無料
  • 事務手数料:借入額の2.2%

と、ほぼ同じ設定ですので、金銭的メリットがあるサービスだけで比較することができます。

4.複数の住宅ローンに申し込んで、審査に通った住宅ローンを選ぶ

住宅ローンには審査があります。

どれだけ低金利で保障が充実した住宅ローンであっても、審査に通らないことには利用することはできません。

住宅ローンを一つの銀行に決め打ちして申し込むのではなく

候補の住宅ローンを2つ、3つ、絞り込んで、申込んだうえで、審査に通った住宅ローンの中で、もっとも条件が良いところと契約すべきです。

複数の住宅ローンに申し込んだ方が、時間的ロスなく、住宅ローンを借りられる可能性が高いのです。

「住宅ローン」で銀行の選び時のよくある質問

Q.新規借入時と借り換え時でおすすめの住宅ローンは違いますか?

大きな違いはありません。

ただし、銀行によっては「借り換え」に力を入れているケースも多く

  • 新規借入よりも低金利の借り換え専用プラン

が用意されているケースもあります。

また、新規借入時よりも、借り換えでは、より下記の要素の重要度が上がります。

  • 金利の低さ
  • 事務手数料の安さ
  • 付帯される保障の手厚さ
  • 金利は低ければ低いほど、借り換えメリットが大きくなる
  • 事務手数料が安ければ安いほど、借り換えメリットが大きくなる
  • 新規借入時よりも、借り換え時の方が年齢が上がっているため、病気のリスクが上がる

という理由です。

新規借入時と借り換え時で、住宅ローンを選ぶポイントに大きな違いはありませんが、借り換え専用プランがある住宅ローンに注目して、金利や総返済額、借り換えメリットをシミュレーションしましょう。

「住宅ローン」でおすすめの銀行ランキング/編集部

住信SBIネット銀行/ネット専用住宅ローン

  • 金利の低さ
    5
  • 借りやすさ
    4
  • サポート対応の質
    4
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    5
  • 独自の特典の手厚さ
    3
サービス名WEB申込コース
運営会社住信SBIネット銀行
新規借入/変動金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.320%
借り換え/変動金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.298%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.948%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.948%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険全疾病保障団信無料
その他の特典当社または保証会社の審査結果によっては、表示金利に年0.1%~0.75%上乗せとなる場合があります。
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

住信SBIネット銀行/ネット専用住宅ローンがおすすめの理由

住信SBIネット銀行/ネット専用住宅ローンがおすすめの理由は「変動金利が低金利」「全疾病保障」がある2点と言えます。

変動金利は業界1位、2位を争う低金利でありながら、かつ8大疾病あるいはその他の病気やケガで12カ月間働けない状態が続いた場合、その時点でのローン残高分が保険金で補填される「全疾病保障」があるため、安心して利用できる住宅ローンとして定評があります。

デメリットは、当初固定金利の当初期間終了時の金利の値上がり幅が大きめの設定担っている点で、当初固定金利を選ぶ場合には注意が必要です。

住信SBIネット銀行/ネット専用住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:3
ちゃーとるず

約十年前の35歳の時に新築マンションを購入した際に住宅ローンを4000万ほど変動金利で借入しました。35年ローンです。年収に比べ借入額はけっこう高いものでしたが、すんなり借り入れることができました。また、金利も他と比べて非常に安く大変良かったです。ネットバンクでの借り入れなので便利ではありますが、担当者とかはいないので、借入後の相談のしやすさという点はあまりないかもしれません。今のところ不便は感じておりませんので好印象です。

のん

約10年前にお借りしました。店舗に行くなどの手間がなく、郵送とネット上のやり取りのみで手続きを完結することができ、とても便利でした。先方からの問合せや、書類の差し戻しもなく、スムーズに手続きを終えることができました。しかも、金利がとても低く、かつ、無償かつネット上で簡単に繰り上げ返済をできることも良かったと思います。さらに、コンビニATM手数料が複数回無料になるサービスがあり、住宅ローン返済後もこちらの銀行をありがたく利用させていただいています。

ゆみえ

契約時のローン審査は通りやすかったです。固定金利が低いので、35年固定でも問題なかったかもしれませんが、変動金利が固定金利よりも2%以上低くなったため、8年後に借り換えを行いました。200万円程度返済額軽減となり、満足しています。繰上返済のしやすさ、口座の管理のしやすさなど、ネット専用銀行の中でも優れていると思います。住宅ローン使用のため、振込手数料やATM手数料の優遇があり、助かっています。っっっっっっっd

SBIマネープラザ/住宅ローン

  • 金利の低さ
    5
  • 借りやすさ
    3
  • サポート対応の質
    3
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    5
  • 独自の特典の手厚さ
    3
サービス名住宅ローン
運営会社SBIマネープラザ
新規借入/変動金利(実質年率)通期引下げプラン
年0.298%
借り換え/変動金利(実質年率)通期引下げプラン
年0.298%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)当初引下げプラン
年0.948%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)当初引下げプラン
年0.948%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険全疾病保障団信無料
その他の特典-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

SBIマネープラザ/住宅ローンがおすすめの理由

SBIマネープラザ/住宅ローンがおすすめの理由は「変動金利が低金利」「全疾病保障」「店舗で相談できる」の3点と言えます。住信SBIネット銀行と同じ商品を扱っているため、似ているサービス設計となっていますが、SBIマネープラザには店舗があるため、店舗で相談できるというメリットが付加されています。

変動金利は業界1位、2位を争う低金利でありながら、かつ8大疾病あるいはその他の病気やケガで12カ月間働けない状態が続いた場合、その時点でのローン残高分が保険金で補填される「全疾病保障」があるため、安心して利用できる住宅ローンとして定評があります。

デメリットは、当初固定金利の当初期間終了時の金利の値上がり幅が大きめの設定担っている点で、当初固定金利を選ぶ場合には注意が必要です。

SBIマネープラザ/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:1
tarte

住宅メーカーのおすすめで利用しました。銀行で取り扱っている変動金利の商品は確かに金利自体は低いものがたくさんありましたが、35年返済することを考えると不安になりました。現在は低金利ですが、35年の間にどんどん金利が上がってしまった場合を考え、住宅メーカーの営業マンに相談したところ固定金利のフラット35を提案されました。フラット35の中で金利が低い銀行は、ネットバンクが多い中、自分で手続きを行う手間を考え、実店舗を構えているSBIマネープラザを選びました。銀行という堅い雰囲気もあまりなく、土日も営業していてスムーズに手続きできました。契約の際に住宅メーカーに出張してきてくれたのもありがたかったです。

auじぶん銀行/住宅ローン

  • 金利の低さ
    5
  • 借りやすさ
    4
  • サポート対応の質
    3
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    4
  • 独自の特典の手厚さ
    4
サービス名住宅ローン
運営会社auじぶん銀行
新規借入/変動金利(実質年率)全期間引下げプラン
年0.319%
借り換え/変動金利(実質年率)全期間引下げプラン
年0.319%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)当初期間引下げプラン
年1.185%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)当初期間引下げプラン
年1.185%
事務手数料2.20%
保証料無料

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されますが、別途お支払いいただく保証料はございません。

独自の付帯保険がん50%保障団信無料,全疾病特約(全疾病保障団信無料)
その他の特典電子契約印紙代不要,auモバイル優遇割年率0.07%引下,じぶんでんき優遇割年率0.03%引下,審査の結果によっては保証付金利プラン(3年、5年、10年)になる可能性あり
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

auじぶん銀行/住宅ローンがおすすめの理由

auじぶん銀行/住宅ローンがおすすめの理由は「変動金利が低金利」「全疾病保障」「がん診断保障(50%)」の3点と言えます。

変動金利は業界1位、2位を争う低金利でありながら、かつ「全疾病保障」と、がんと診断で住宅ローン残高が半分になる「がん診断保障(50%)」がある分、保障が手厚い住宅ローンというメリットがあります。

デメリットは、審査の結果、評価が低いと金利の高い「保証付金利プラン」を案内されてしまうという点です。

auじぶん銀行/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:1
とりにく

比較した住宅ローンの中で最も低金利で、また団信の補償内容も手厚かったため、当行の住宅ローンを契約しました。auの携帯も契約していたため、通常の金利よりもさらに0.007%下がる点が良かったです。変動金利で借入を行ったため、将来的な金利の上げにより支払う金額が多くなる点が不安ですが、繰上げ返済は手数料無しで行えるため、早めの返済を心がけたいと思います。借り入れまでの審査は全てWEBで完結でき、2週間程度で本審査も終わりました。他行だと本人確認書類が郵送だったりするのでその点はとても良かったです。

PayPay銀行/住宅ローン

  • 金利の低さ
    5
  • 借りやすさ
    3
  • サポート対応の質
    3
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    3
  • 独自の特典の手厚さ
    3
サービス名住宅ローン
運営会社PayPay銀行
新規借入/変動金利(実質年率)住宅ローン
年0.290%
借り換え/変動金利(実質年率)住宅ローン
年0.290%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローン
年1.145%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローン
年1.145%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険-
その他の特典-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

PayPay銀行/住宅ローンがおすすめの理由

PayPay銀行/住宅ローンがおすすめの理由は「変動金利が低金利」「51歳未満の一般団信プラス(がん先進付)、がん診断保障(50%)」の2点です。

変動金利は業界1位、2位を争う低金利でありながら、51歳未満の方であれば、一般団信プラス(がん先進付)、がん診断保障(50%)が付帯されている保障面のメリットもあります。

デメリットは、上記以外のサービスはほとんどなく、金利の低さにフォーカスした住宅ローンとなっています。

PayPay銀行/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:1
ランデディ

申込から借り入れまですべてネットで完結できるので、自分のペースで申し込みが進められた。一方で自分で商品などはホームページで確認して理解しないといけなかったので、ある程度住宅ローンの知識があったり、比較している他行の商品から住宅ローンの仕組みを勉強したりしないと、見た目の金利の安さだけにつられて、自分が住宅ローンに求めるものを見逃してしまうリスクもあると感じた。PAYPAYとの連携などの特典はなく、お得感はないと思った。

ソニー銀行/変動セレクト住宅ローン

  • 金利の低さ
    4
  • 借りやすさ
    5
  • サポート対応の質
    3
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    4
  • 独自の特典の手厚さ
    4
サービス名変動セレクト住宅ローン
運営会社ソニー銀行
新規借入/変動金利(実質年率)変動セレクト住宅ローン
年0.397%
借り換え/変動金利(実質年率)変動セレクト住宅ローン
年0.397%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)変動セレクト住宅ローン
年1.560%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)変動セレクト住宅ローン
年1.560%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険がん50%保障団信無料(50歳未満)
その他の特典固定と変動を何度でも切り替え可能
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ソニー銀行/変動セレクト住宅ローンがおすすめの理由

ソニー銀行/変動セレクト住宅ローンがおすすめの理由は「変動金利が低金利」「金利タイプが何度でも変更可能」「がん50%保障特約付き団信」の3点です。

大きな特徴として、変動金利と固定金利の変更が何度でも可能で、金利も、半月前に発表されるため、金利動向に応じて金利タイプを変更して運用できるフレキシブルさが売りの住宅ローンです。

デメリットは、とくになく総合力の高い住宅ローンとなっています。

ソニー銀行/変動セレクト住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

SBI新生銀行/パワースマート住宅ローン

  • 金利の低さ
    3
  • 借りやすさ
    4
  • サポート対応の質
    3
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    4
  • 独自の特典の手厚さ
    4
サービス名パワースマート住宅ローン
運営会社SBI新生銀行
新規借入/変動金利(実質年率)パワースマート住宅ローン
年0.420%
借り換え/変動金利(実質年率)パワースマート住宅ローン
年0.420%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)パワースマート住宅ローン
年1.100%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)パワースマート住宅ローン
年1.100%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険-
その他の特典借り換えで金利0.400%
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

SBI新生銀行/パワースマート住宅ローンがおすすめの理由

SBI新生銀行/パワースマート住宅ローンがおすすめの理由は「事務手数料の安さ」「独自サービス」です。

SBI新生銀行/パワースマート住宅ローンは、事務手数料5.5万円で利用できる住宅ローンで、他のネット銀行の借入額の2.2%という事務手数料と比較するとかなり格安で利用できるメリットがあります。また、事務手数料を上げることで安心パックが利用できるのですが、安心パックには「コントロール返済」「安心保障付団信」「病児保育サービス」「家事代行・ハウスクリーニング」「自然災害時債務免除特約」などが付帯できるため、他の住宅ローンにはない特典を享受することができます。

デメリットは、金利はそこまで低金利ではない点です。

SBI新生銀行/パワースマート住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:1
かな

家庭のライフプランに合わせ、変動金利タイプ(半年型)タイプ<変動フォーカス>、当初固定金利タイプ、変動金利(半年型)タイプ以外にも長期固定金利タイプ、ステップダウン金利タイプから選択できるのが魅力です。保証料はじめ一部繰上げ手数料、一般団信の金利上乗せも手数料が無料なので、住宅ローンで意外とかかる各種手数料が抑えられてお得です。セブン銀行ATMなど出金手数料が0円なのも継続的に利用する住宅ローンなのでありがたいです。

イオン銀行/住宅ローン

  • 金利の低さ
    3
  • 借りやすさ
    3
  • サポート対応の質
    4
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    3
  • 独自の特典の手厚さ
    5
サービス名住宅ローン
運営会社イオン銀行
新規借入/変動金利(実質年率)住宅ローン定率型/新規限定
年0.430%
借り換え/変動金利(実質年率)住宅ローン定率型/借り換え限定
年0.430%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローン定率型/新規限定
年1.690%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローン定率型/借り換え限定
年1.490%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険-
その他の特典イオン買物5年5%OFF
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

イオン銀行/住宅ローンがおすすめの理由

イオン銀行/住宅ローンがおすすめの理由は「イオンでの買い物がいつでも5%OFF」な点です。

イオンでの買い物が5年間、年90万円分まで5%無料になります。最大で22.5万円分の割引になるため、イオンの利用機会が多い方にとっては、かなりお得に利用できる住宅ローンとなっています。

デメリットは、金利はそこまで低金利ではない点です。

イオン銀行/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:2
オオタ

私が、住宅ローンであるイオン銀行の住宅ローンで素晴らしかった所は、自宅でかんたんにオンライン相談ができる所でありました。また、それだけではなく、住宅ローンシュミレーションについても組むことができますので、そのような点で凄くすぐれていると思えました。更に、イオンで住宅ローンを組む特典としまして、イオンユーザーには嬉しい特典があります。それは、イオングループでのお買い物が毎日5%オフになると言う点でありました。

toshi

メガバンクの審査が厳しくほとんど申し込みを断られました。イオン銀行の金利は少しだけ高かったのですが、一番いい利点は通常の銀行は平日のみしか相談ができないところが多く有給を取ってまで相談とは考えてませんでした。イオン銀行は土日、祝日対応してくれたので通いやすく便利でした。近くに大きなイオンがあったので選択肢の一つとして最適でした。また、子供連れだったこともあり銀行以外でショッピングなどできてかなり便利でした。

三菱UFJ銀行/住宅ローン

  • 金利の低さ
    3
  • 借りやすさ
    3
  • サポート対応の質
    5
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    3
  • 独自の特典の手厚さ
    3
サービス名住宅ローン
運営会社三菱UFJ銀行
新規借入/変動金利(実質年率)変動金利選択プラン
0.345%~0.475%
借り換え/変動金利(実質年率)変動金利選択プラン
0.345%~0.475%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)固定10年プレミアム
0.980%~1.110%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)固定10年プレミアム
0.980%~1.110%
事務手数料0
保証料無料
独自の付帯保険-
その他の特典-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

三菱UFJ銀行/住宅ローンがおすすめの理由

三菱UFJ銀行/住宅ローンがおすすめの理由は「当初10年固定金利が低金利」という点です。メガバンクのため、当初10年固定金利に力を入れており、ネット銀行よりも、当初10年固定金利は条件の良いものが多いのです。

ネットでのお申し込みでないと低金利プランが利用できないので注意が必要です。また、無料付帯される保障は一般的な団信のみですので、その点もデメリットと言えます。

三菱UFJ銀行/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:3
佐々木

中古物件を購入した際こちらの銀行での住宅ローンを借りました。なぜここにしたかと言うと理由はなく不動産からUFJ銀行での住宅ローンが決まりました。とのことでした。我が家が住む場所は当時近所にこちらの銀行がなく、お金の出し入れ等にも何かするにも車で1時間ほどかかりました。その点はとても不便でした。その後住宅を売却したのですがその時、また出向かないといけませんでしたが、色々なややこしいそうですか手続きがあって私が右往左往していた時行員の方が直接不動産に連絡してくれたりと適切な対応をして頂けたので住宅ローン終了に時もとてもスムーズに終わることが出来ました。

まや

3000万円の借り入れをするのに何社か審査をしてもらいましたが一社不採用でこちらの三菱UFJは通りました。条件付き採用で借り入れ額を2900万までとのことだったので結果住宅販売会社のほうで100万円の値下げをしてくれることで物件は購入できましたし、思わぬ100万円の値引きもうけれて満足でした。こういった審査はどこも一緒かと思いましたが金融機関により通りやすさなど異なるのだなと経験してはじめてわかりました。ローンも自動引き落としで繰り上げ返済もネットで簡単にできるので満足しています。

ニューヨーク

以前から三菱UFJ銀行を生活口座として利用していたため、住宅ローンも三菱UFJ銀行で借りました。勤務先と提携していて、金利優遇キャンペーンもやっていたのも決め手の一つとなりました。手続きに際しては、対面で説明をしてもらいました。特に元利均等返済方式と元金均等返済方式の違いの説明を聞けたことはとても良かったと思いました。ネット銀行に比べると金利や手数料は少し高めの設定ですが、初めて住宅ローンを組むにあたっては対面で色々と説明してもらえたので、安心感を得ることができたことは、三菱UFJ銀行で借り入れすることのメリットだと思います。

りそな銀行/住宅ローン

  • 金利の低さ
    5
  • 借りやすさ
    5
  • サポート対応の質
    4
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    3
  • 独自の特典の手厚さ
    3
サービス名住宅ローン
運営会社りそな銀行
新規借入/変動金利(実質年率)ずーっとお得!全期間型/融資手数料型
年0.340%
借り換え/変動金利(実質年率)りそな借りかえローン
年0.340%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)はじめがお得!当初型/融資手数料型
年1.585%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)りそな借りかえローン
年1.585%
事務手数料2.20%
保証料無料
独自の付帯保険-
その他の特典-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

りそな銀行/住宅ローンがおすすめの理由

りそな銀行/住宅ローンがおすすめの理由は「借り換え専用の低金利プランがある」「当初10年固定金利が低金利」という点です。

当初10年固定金利に力を入れており、ネット銀行よりも、当初10年固定金利は条件の良いものが多いのです。また、借り換えにも力を入れているため、さらに低金利の「りそな借りかえローン(WEB申込限定プラン)」が用意されています。ネットでのお申し込みでないと低金利プランが利用できないので注意が必要です。

デメリットは、ネ無料付帯される保障は一般的な団信のみですのです。

りそな銀行/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:2
ちゃん

りそな銀行の住宅ローンは元々金利が安い上にある一定の条件をクリアすればさらに金利が下がるシステムがあり他の銀行ローンに比べとてもお得だと思い選びました。条件としてはりそな銀行の口座への給与振り込みやクレジットカード、デビットカードの引き落とし、各種公共料金の引き落としなど口座との取引がいくつかあればより金利が下がるのでとても良いと思います。また女性がローンを組む場合は繰り上げ返済の手数料がいらなかったり女性への偏見もなく審査も通りやすかったので選んでよかったと思ってます。

りょう

住宅ローンを利用していますが、金利は公共料金の口座振替を申し込むことで他行よりも低い金利で借り入れすることができました。ただし、審査は厳しかった印象があり、時間が掛かった上に頭金の追加を要望されました。(私の収入が低かったせいかもしれませんが・・・)ただし、契約後のサポートに関してはとても丁寧であると評価しています。例を挙げると、何度も繰り上げ返済を行いましたが、毎回詳しく説明いただきとても親切な対応をしてくださいました。

三井住友銀行/住宅ローン

  • 金利の低さ
    3
  • 借りやすさ
    3
  • サポート対応の質
    5
  • 独自の付帯保険の手厚さ
    3
  • 独自の特典の手厚さ
    3
サービス名住宅ローン
運営会社三井住友銀行
新規借入/変動金利(実質年率)最後までずーっと引き下げプラン
0.675%~0.925%
借り換え/変動金利(実質年率)最後までずーっと引き下げローン
0.675%~0.875%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)最初にぐぐっと引き下げローン
年1.340%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)最初にぐぐっと引き下げローン
年1.340%
事務手数料33,000
保証料0.20%金利上乗せ
独自の付帯保険-
その他の特典-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

三井住友銀行/住宅ローンがおすすめの理由

三井住友銀行/住宅ローンがおすすめの理由は「当初10年固定金利が低金利」という点です。メガバンクのため、当初10年固定金利に力を入れており、ネット銀行よりも、当初10年固定金利は条件の良いものが多いのです。

ネットでのお申し込みでないと低金利プランが利用できないので注意が必要です。また、無料付帯される保障は一般的な団信のみですので、その点もデメリットと言えます。

三井住友銀行/住宅ローンの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:6
清水

対面で土日でも相談することができたので、しっかり質問して納得した上で申し込むことができたので良かったです。三大疾病保証も魅力的に感じたし、繰り上げ返済や金利種類変更がインターネットから手数料も無料で可能となっているのも良いなと思ったポイントです。金利プランの変更にも柔軟に対応してもらえる点や、ポイントが貯まるのも住宅ローンの返済は金額が大きくなるからこそ嬉しい点でした。直接相談できることで、最適な契約プランのアドバイスもありました。

はわい

都市銀行の中では対応はいい方だと思います。自分の場合は担当者の方がとても丁寧で良かったです。この人だけでなく銀行ぜんたいがこのレベルだととても対応がいい銀行だと思います。繰上返済で完済するなら全額繰り上げないでラスト1回分残して繰上返済すると翌月、通常返済で完済扱いになって手数料がかからなくなるとわざわざ教えてくれました。ネットで残高確認や繰上返済もしやすく、またなにか不明点があれば店舗が多いので足を運びやすく非常に便利です。借りている口座の話ではなく、一般的なじゅうたくについての質問であれば他の店舗でも相談に乗ってくれます。

よっしー

勤め先のメインバンクである三井住友銀行に審査を依頼したところ、他行よりも圧倒的に低い金利を提案してくださいました。
また、最初の2年間はキャンペーン金利にしていただき、その後定期に切り替えた際は必ず金利を少し下げてもらえるというサービスも付帯しておりました。
金利が上がる傾向がないため、変動金利のままですが、とても良い条件を提示してくださり、満足しております。
カードローンついては住宅ローンのサービスとして付帯しておりましたが、使用したことはありません。

ヤマト屋

住友のマンションを購入した際にお世話になりました。
噂では、ローン審査が降りるのが難しいという話でしたが特に属性も問題なく、年収は低めでしたがすんなりと受かりました。5年ほど前の話でしたがパンフレットが見やすく薄かったのを覚えており、ローン初心者でも取りつきやすかった印象を覚えます。担当者の方も銀行員のイメージとと違い物腰柔らかい方でわからない部分や不安な部分を一つずつ解消してくれました。また、変動と固定のメリットデメリットをしっかり教えてくれました。

へろっぴ

30代の頃、中古のマンションを購入し、住宅ローンを組むため飛び込みで最寄りの支店を訪ねました。通常は提携ローンを使うことが多く、最初訝しがられましたが、女医妻と合わせて年収2000万円以上なことが分かると店長が出てきて丁寧に対応頂きました。結局最優遇の利率で3000万円を借りることができ結果として大満足です。その後5年ほどで完済しましたが、その間特に何も連絡もなく完済後に書類が送付されて終わりでした。抵当権抹消の手続きを自分でして終わりとなりました。

「住宅ローン」おすすめ銀行比較

サービス名WEB申込コース住宅ローン住宅ローン住宅ローン変動セレクト住宅ローンパワースマート住宅ローン住宅ローン住宅ローン住宅ローン住宅ローン
運営会社住信SBIネット銀行SBIマネープラザauじぶん銀行PayPay銀行ソニー銀行SBI新生銀行イオン銀行三菱UFJ銀行りそな銀行三井住友銀行
新規借入/変動金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.320%
通期引下げプラン
年0.298%
全期間引下げプラン
年0.319%
住宅ローン
年0.290%
変動セレクト住宅ローン
年0.397%
パワースマート住宅ローン
年0.420%
住宅ローン定率型/新規限定
年0.430%
変動金利選択プラン
0.345%~0.475%
ずーっとお得!全期間型/融資手数料型
年0.340%
最後までずーっと引き下げプラン
0.675%~0.925%
借り換え/変動金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.298%
通期引下げプラン
年0.298%
全期間引下げプラン
年0.319%
住宅ローン
年0.290%
変動セレクト住宅ローン
年0.397%
パワースマート住宅ローン
年0.420%
住宅ローン定率型/借り換え限定
年0.430%
変動金利選択プラン
0.345%~0.475%
りそな借りかえローン
年0.340%
最後までずーっと引き下げローン
0.675%~0.875%
新規借入/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.948%
当初引下げプラン
年0.948%
当初期間引下げプラン
年1.185%
住宅ローン
年1.145%
変動セレクト住宅ローン
年1.560%
パワースマート住宅ローン
年1.100%
住宅ローン定率型/新規限定
年1.690%
固定10年プレミアム
0.980%~1.110%
はじめがお得!当初型/融資手数料型
年1.585%
最初にぐぐっと引き下げローン
年1.340%
借り換え/当初固定10年金利(実質年率)住宅ローンWEB申込コース
年0.948%
当初引下げプラン
年0.948%
当初期間引下げプラン
年1.185%
住宅ローン
年1.145%
変動セレクト住宅ローン
年1.560%
パワースマート住宅ローン
年1.100%
住宅ローン定率型/借り換え限定
年1.490%
固定10年プレミアム
0.980%~1.110%
りそな借りかえローン
年1.585%
最初にぐぐっと引き下げローン
年1.340%
事務手数料2.20%2.20%2.20%2.20%2.20%2.20%2.20%02.20%33,000
保証料無料無料無料

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されますが、別途お支払いいただく保証料はございません。

無料無料無料無料無料無料0.20%金利上乗せ
独自の付帯保険全疾病保障団信無料全疾病保障団信無料がん50%保障団信無料,全疾病特約(全疾病保障団信無料)-がん50%保障団信無料(50歳未満)-----
その他の特典当社または保証会社の審査結果によっては、表示金利に年0.1%~0.75%上乗せとなる場合があります。-電子契約印紙代不要,auモバイル優遇割年率0.07%引下,じぶんでんき優遇割年率0.03%引下,審査の結果によっては保証付金利プラン(3年、5年、10年)になる可能性あり-固定と変動を何度でも切り替え可能借り換えで金利0.400%イオン買物5年5%OFF---
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
口コミ口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判

「住宅ローン」でおすすめの銀行ランキング/利用した方の口コミ・評判

口コミ・評判ランキングは、口コミ件数5件以上で、総合評価順に表示しています。口コミ件数5件未満のものは、口コミ件数が多い順に表示しています。

【銀行】三井住友銀行/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

6.4

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
7.2点
借りやすさ
6.3点
サポート対応の質
7.2点
独自の付帯保険の手厚さ
5.2点
独自の特典の手厚さ
6.3点
最新口コミ 口コミ投稿数:6
清水

対面で土日でも相談することができたので、しっかり質問して納得した上で申し込むことができたので良かったです。三大疾病保証も魅力的に感じたし、繰り上げ返済や金利種類変更がインターネットから手数料も無料で可能となっているのも良いなと思ったポイントです。金利プランの変更にも柔軟に対応してもらえる点や、ポイントが貯まるのも住宅ローンの返済は金額が大きくなるからこそ嬉しい点でした。直接相談できることで、最適な契約プランのアドバイスもありました。

はわい

都市銀行の中では対応はいい方だと思います。自分の場合は担当者の方がとても丁寧で良かったです。この人だけでなく銀行ぜんたいがこのレベルだととても対応がいい銀行だと思います。繰上返済で完済するなら全額繰り上げないでラスト1回分残して繰上返済すると翌月、通常返済で完済扱いになって手数料がかからなくなるとわざわざ教えてくれました。ネットで残高確認や繰上返済もしやすく、またなにか不明点があれば店舗が多いので足を運びやすく非常に便利です。借りている口座の話ではなく、一般的なじゅうたくについての質問であれば他の店舗でも相談に乗ってくれます。

よっしー

勤め先のメインバンクである三井住友銀行に審査を依頼したところ、他行よりも圧倒的に低い金利を提案してくださいました。
また、最初の2年間はキャンペーン金利にしていただき、その後定期に切り替えた際は必ず金利を少し下げてもらえるというサービスも付帯しておりました。
金利が上がる傾向がないため、変動金利のままですが、とても良い条件を提示してくださり、満足しております。
カードローンついては住宅ローンのサービスとして付帯しておりましたが、使用したことはありません。

ヤマト屋

住友のマンションを購入した際にお世話になりました。
噂では、ローン審査が降りるのが難しいという話でしたが特に属性も問題なく、年収は低めでしたがすんなりと受かりました。5年ほど前の話でしたがパンフレットが見やすく薄かったのを覚えており、ローン初心者でも取りつきやすかった印象を覚えます。担当者の方も銀行員のイメージとと違い物腰柔らかい方でわからない部分や不安な部分を一つずつ解消してくれました。また、変動と固定のメリットデメリットをしっかり教えてくれました。

へろっぴ

30代の頃、中古のマンションを購入し、住宅ローンを組むため飛び込みで最寄りの支店を訪ねました。通常は提携ローンを使うことが多く、最初訝しがられましたが、女医妻と合わせて年収2000万円以上なことが分かると店長が出てきて丁寧に対応頂きました。結局最優遇の利率で3000万円を借りることができ結果として大満足です。その後5年ほどで完済しましたが、その間特に何も連絡もなく完済後に書類が送付されて終わりでした。抵当権抹消の手続きを自分でして終わりとなりました。

【銀行】auじぶん銀行/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

9.0

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
9.0点
借りやすさ
8.0点
サポート対応の質
10.0点
独自の付帯保険の手厚さ
9.0点
独自の特典の手厚さ
9.0点
最新口コミ 口コミ投稿数:1
とりにく

比較した住宅ローンの中で最も低金利で、また団信の補償内容も手厚かったため、当行の住宅ローンを契約しました。auの携帯も契約していたため、通常の金利よりもさらに0.007%下がる点が良かったです。変動金利で借入を行ったため、将来的な金利の上げにより支払う金額が多くなる点が不安ですが、繰上げ返済は手数料無しで行えるため、早めの返済を心がけたいと思います。借り入れまでの審査は全てWEBで完結でき、2週間程度で本審査も終わりました。他行だと本人確認書類が郵送だったりするのでその点はとても良かったです。

【銀行】SBI新生銀行/パワースマート住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

8.0

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
9.0点
借りやすさ
8.0点
サポート対応の質
8.0点
独自の付帯保険の手厚さ
7.0点
独自の特典の手厚さ
8.0点
最新口コミ 口コミ投稿数:1
かな

家庭のライフプランに合わせ、変動金利タイプ(半年型)タイプ<変動フォーカス>、当初固定金利タイプ、変動金利(半年型)タイプ以外にも長期固定金利タイプ、ステップダウン金利タイプから選択できるのが魅力です。保証料はじめ一部繰上げ手数料、一般団信の金利上乗せも手数料が無料なので、住宅ローンで意外とかかる各種手数料が抑えられてお得です。セブン銀行ATMなど出金手数料が0円なのも継続的に利用する住宅ローンなのでありがたいです。

【銀行】住信SBIネット銀行/ネット専用住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

7.3

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
8.7点
借りやすさ
9.0点
サポート対応の質
6.0点
独自の付帯保険の手厚さ
6.3点
独自の特典の手厚さ
6.3点
最新口コミ 口コミ投稿数:3
ちゃーとるず

約十年前の35歳の時に新築マンションを購入した際に住宅ローンを4000万ほど変動金利で借入しました。35年ローンです。年収に比べ借入額はけっこう高いものでしたが、すんなり借り入れることができました。また、金利も他と比べて非常に安く大変良かったです。ネットバンクでの借り入れなので便利ではありますが、担当者とかはいないので、借入後の相談のしやすさという点はあまりないかもしれません。今のところ不便は感じておりませんので好印象です。

のん

約10年前にお借りしました。店舗に行くなどの手間がなく、郵送とネット上のやり取りのみで手続きを完結することができ、とても便利でした。先方からの問合せや、書類の差し戻しもなく、スムーズに手続きを終えることができました。しかも、金利がとても低く、かつ、無償かつネット上で簡単に繰り上げ返済をできることも良かったと思います。さらに、コンビニATM手数料が複数回無料になるサービスがあり、住宅ローン返済後もこちらの銀行をありがたく利用させていただいています。

ゆみえ

契約時のローン審査は通りやすかったです。固定金利が低いので、35年固定でも問題なかったかもしれませんが、変動金利が固定金利よりも2%以上低くなったため、8年後に借り換えを行いました。200万円程度返済額軽減となり、満足しています。繰上返済のしやすさ、口座の管理のしやすさなど、ネット専用銀行の中でも優れていると思います。住宅ローン使用のため、振込手数料やATM手数料の優遇があり、助かっています。っっっっっっっd

【銀行】イオン銀行/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

7.0

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
7.5点
借りやすさ
9.0点
サポート対応の質
6.5点
独自の付帯保険の手厚さ
6.0点
独自の特典の手厚さ
6.0点
最新口コミ 口コミ投稿数:2
オオタ

私が、住宅ローンであるイオン銀行の住宅ローンで素晴らしかった所は、自宅でかんたんにオンライン相談ができる所でありました。また、それだけではなく、住宅ローンシュミレーションについても組むことができますので、そのような点で凄くすぐれていると思えました。更に、イオンで住宅ローンを組む特典としまして、イオンユーザーには嬉しい特典があります。それは、イオングループでのお買い物が毎日5%オフになると言う点でありました。

toshi

メガバンクの審査が厳しくほとんど申し込みを断られました。イオン銀行の金利は少しだけ高かったのですが、一番いい利点は通常の銀行は平日のみしか相談ができないところが多く有給を取ってまで相談とは考えてませんでした。イオン銀行は土日、祝日対応してくれたので通いやすく便利でした。近くに大きなイオンがあったので選択肢の一つとして最適でした。また、子供連れだったこともあり銀行以外でショッピングなどできてかなり便利でした。

【銀行】りそな銀行/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

6.0

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
7.0点
借りやすさ
6.0点
サポート対応の質
5.5点
独自の付帯保険の手厚さ
5.5点
独自の特典の手厚さ
6.0点
最新口コミ 口コミ投稿数:2
ちゃん

りそな銀行の住宅ローンは元々金利が安い上にある一定の条件をクリアすればさらに金利が下がるシステムがあり他の銀行ローンに比べとてもお得だと思い選びました。条件としてはりそな銀行の口座への給与振り込みやクレジットカード、デビットカードの引き落とし、各種公共料金の引き落としなど口座との取引がいくつかあればより金利が下がるのでとても良いと思います。また女性がローンを組む場合は繰り上げ返済の手数料がいらなかったり女性への偏見もなく審査も通りやすかったので選んでよかったと思ってます。

りょう

住宅ローンを利用していますが、金利は公共料金の口座振替を申し込むことで他行よりも低い金利で借り入れすることができました。ただし、審査は厳しかった印象があり、時間が掛かった上に頭金の追加を要望されました。(私の収入が低かったせいかもしれませんが・・・)ただし、契約後のサポートに関してはとても丁寧であると評価しています。例を挙げると、何度も繰り上げ返済を行いましたが、毎回詳しく説明いただきとても親切な対応をしてくださいました。

【銀行】SBIマネープラザ/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

5.8

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
6.0点
借りやすさ
8.0点
サポート対応の質
5.0点
独自の付帯保険の手厚さ
5.0点
独自の特典の手厚さ
5.0点
最新口コミ 口コミ投稿数:1
tarte

住宅メーカーのおすすめで利用しました。銀行で取り扱っている変動金利の商品は確かに金利自体は低いものがたくさんありましたが、35年返済することを考えると不安になりました。現在は低金利ですが、35年の間にどんどん金利が上がってしまった場合を考え、住宅メーカーの営業マンに相談したところ固定金利のフラット35を提案されました。フラット35の中で金利が低い銀行は、ネットバンクが多い中、自分で手続きを行う手間を考え、実店舗を構えているSBIマネープラザを選びました。銀行という堅い雰囲気もあまりなく、土日も営業していてスムーズに手続きできました。契約の際に住宅メーカーに出張してきてくれたのもありがたかったです。

【銀行】PayPay銀行/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

5.0

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
7.0点
借りやすさ
6.0点
サポート対応の質
4.0点
独自の付帯保険の手厚さ
5.0点
独自の特典の手厚さ
3.0点
最新口コミ 口コミ投稿数:1
ランデディ

申込から借り入れまですべてネットで完結できるので、自分のペースで申し込みが進められた。一方で自分で商品などはホームページで確認して理解しないといけなかったので、ある程度住宅ローンの知識があったり、比較している他行の商品から住宅ローンの仕組みを勉強したりしないと、見た目の金利の安さだけにつられて、自分が住宅ローンに求めるものを見逃してしまうリスクもあると感じた。PAYPAYとの連携などの特典はなく、お得感はないと思った。

【銀行】三菱UFJ銀行/住宅ローンの評判・口コミ

口コミ総合評価

   
   

4.7

 

総合評価(10点満点)

金利の低さ
4.7点
借りやすさ
5.0点
サポート対応の質
5.3点
独自の付帯保険の手厚さ
4.7点
独自の特典の手厚さ
3.7点
最新口コミ 口コミ投稿数:3
佐々木

中古物件を購入した際こちらの銀行での住宅ローンを借りました。なぜここにしたかと言うと理由はなく不動産からUFJ銀行での住宅ローンが決まりました。とのことでした。我が家が住む場所は当時近所にこちらの銀行がなく、お金の出し入れ等にも何かするにも車で1時間ほどかかりました。その点はとても不便でした。その後住宅を売却したのですがその時、また出向かないといけませんでしたが、色々なややこしいそうですか手続きがあって私が右往左往していた時行員の方が直接不動産に連絡してくれたりと適切な対応をして頂けたので住宅ローン終了に時もとてもスムーズに終わることが出来ました。

まや

3000万円の借り入れをするのに何社か審査をしてもらいましたが一社不採用でこちらの三菱UFJは通りました。条件付き採用で借り入れ額を2900万までとのことだったので結果住宅販売会社のほうで100万円の値下げをしてくれることで物件は購入できましたし、思わぬ100万円の値引きもうけれて満足でした。こういった審査はどこも一緒かと思いましたが金融機関により通りやすさなど異なるのだなと経験してはじめてわかりました。ローンも自動引き落としで繰り上げ返済もネットで簡単にできるので満足しています。

ニューヨーク

以前から三菱UFJ銀行を生活口座として利用していたため、住宅ローンも三菱UFJ銀行で借りました。勤務先と提携していて、金利優遇キャンペーンもやっていたのも決め手の一つとなりました。手続きに際しては、対面で説明をしてもらいました。特に元利均等返済方式と元金均等返済方式の違いの説明を聞けたことはとても良かったと思いました。ネット銀行に比べると金利や手数料は少し高めの設定ですが、初めて住宅ローンを組むにあたっては対面で色々と説明してもらえたので、安心感を得ることができたことは、三菱UFJ銀行で借り入れすることのメリットだと思います。

口コミを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。
会員登録・ログインして口コミを投稿する

口コミ評価

5
5
5
5
5
あなたの性別を教えてください
あなたの年代を教えてください
あなたの家族構成を教えてください
あなたの貯金額を教えてください
あなたの年収を教えてください
あなたのあてはまる投資状況を教えてください。

内容に問題なければ、下記の「口コミを投稿する」ボタンを押してください。