「ブラックカード」おすすめランキング10選。「ブラックカード」のスペック比較

「ブラックカード」おすすめ比較。ここがポイント!

サービス名アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamondダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカードラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardダイナースクラブ プレミアムカードANAダイナース プレミアムカードJCBザ・クラスラグジュアリーカード/Mastercard Black Card楽天ブラックカードTRUST CLUB ワールドエリートカード
年会費355,000円660,000円550,000円220,000円143,000円170,500円55,000円110,000円33,000円143,000円
取得方法インビテーション(招待)、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの利用インビテーション(招待)、ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用インビテーション(招待)、ダイナースクラブ プレミアムカードの利用申込インビテーション(招待)、ダイナースカードの利用インビテーション(招待)、ANAダイナースカードの利用インビテーション(招待)、JCBプラチナの利用申込インビテーション(招待)、楽天プレミアムカードの利用申込

「ブラックカード」の選び方

1.ブラックカードを持つのであれば「ステイタス性」が最重要

ブラックカードには、プラチナカード、ゴールドカードにはない特別なサービスが付帯されています。

しかしながら、

サービスの価値 = 何十万という年会費

を比較すると、サービスの価値だけでブラックカードを持とうとする方は少数派と言えます。

「ブラックカードを持つ」ということは

  • 日本で何百人、世界で何千人しかいない選ばれた方である
  • ブラックカードを持てるだけの社会的信用がある
  • ブラックカードを持てるだけの財力がある

証明としての効果が一番大きいのです。

ホテルやレストランやブランド店での買い物で、ブラックカードで支払う人と、一般カードで支払う人であれば、どちらが優良顧客になってくれるかは一目瞭然です。当然、サービスが手厚くなるのは、ブラックカードホルダーです。

また、同僚や部下、社員、取引先などにも、それだけの信頼性のある人物であることを証明できる証拠として機能します。

さらには友人や異性からは「憧れ」「羨望のまなざし」、ブラックカードホルダーだから体験できた経験で話のネタになるなど、単純なサービスの対価としてではない価値が「ブラックカード」にはあるのです。

せっかく、ブラックカードを持つのであれば、最上級のブラックカードを目指すべきです。

ブラックカードの中で

  • 最高レベルの品質
  • 最高レベルの知名度
  • 最高レベルのステイタス性

を持つのは

  • アメリカン・エクスプレスの「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」

です。

その他、

  • ダイナースクラブの「ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカード」
  • ラグジュアリーカードの「Mastercard Black Diamond」

が最高レベルのブラックカードとして続きます。

2.好きなカード会社でブラックカードを狙う

ブラックカードを用意しているのは、T&Eカードと呼ばれる、富裕層ターゲットのカード会社です。

  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ)
  • ラグジュアリーカード(Black Card I)

などです。

カード会社によって「どこに力を入れているのか?」が異なります。

ブラックカードを持つためには、一定額以上のカード利用額が必要になるため、せっかく大金を使うのであれば、好きなカード会社、利用するサービスが多いカード会社、企業姿勢に共感するカード会社を選ぶと良いでしょう。

好きなカード会社で、プラチナカードの利用額を貯めていけば、おのずとブラックカードのインビテーション(招待)が来るはずです。

3.取得しやすさで選ぶ

ブラックカードの取得方法は

  1. プラチナカードからのインビテーション(招待)
  2. 直接申込

の大きく分けて2つに分類されます。

当然、ステイタス性としては、インビテーション(招待)型のブラックカードの方が上なのですが

「どうしても、すぐにブラックカードが欲しい。」

という場合には

  • ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

のように「いきなり申込可能なブラックカードを選ぶ」というのも、一つの選択肢になります。

「ブラックカード」選び時のよくある質問

Q.ブラックカードは年収いくらぐらいあれば取得できるものですか?

ブラックカードのインビテーション(招待)基準は公開されていません。

カード会社によって違いますし、時期によっても、変わってきます。

カード会社が見ているのは

  • カード利用額
  • カード利用の場所、お店
  • カード利用年数

です。

カード利用額が多くても、公共料金や家賃などをかき集めて利用額が上がっている人よりも、高級ホテルや高級レストランの利用額が大きい人の方が、インビテーションはきやすいのです。

インビテーション(招待)基準は、コンシェルジュデスクに聞いても教えていただけないので、地道に使い続けて、運が良ければ、ブラックカードのインビテーション(招待)が来るというぐらいに考えておきましょう。

「ブラックカード」おすすめランキング/編集部

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

  • 年会費の安さ
    2
  • サービスの質
    5
  • ステイタス性の高さ
    5
  • 取得難易度の低さ
    1
  • 情報の量
    4
サービス名アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス
国際ブランドAMEX
年会費355,000円
取得方法インビテーション(招待)、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの利用
特徴的なサービスパーソナル・コンシェルジェ、エミレーツ航空の上級会員資格「エミレーツ・スカイワーズ・ゴールド」
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードがおすすめの理由

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードがおすすめの理由は、アメリカン・エキスプレスの最上位のカードであるブラックカードという点です。アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ、センチュリオン・ホテル・メンバーシップ、エミレーツ・スカイワーズ・ゴールドのステータス、JALファーストクラス・ANAプレミアムクラスへのアップグレード、アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションなど、挙げればキリがない最上級のサービスが用意されています。

デメリットは、高額な年会費と取得ハードルの高さです。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamond

  • 年会費の安さ
    1
  • サービスの質
    5
  • ステイタス性の高さ
    4
  • 取得難易度の低さ
    2
  • 情報の量
    2
サービス名ラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamond
カード会社Black Card I 
国際ブランドMastercard
年会費660,000円
取得方法インビテーション(招待)、ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用
特徴的なサービスカスタマイズギフト、ホテルギフト(最高20万円相当)、日本・ハワイ往復相当のマイル、専用コンシェルジュチーム
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamondがおすすめの理由

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamondがおすすめの理由は、ラグジュアリーカードの最上位のカードであるブラックカードという点です。ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。

高グレードの天然ダイヤモンドを埋め込んだカード券面がオリジナリティのあるブラックカードとして特別感があります。

年1回の日本ハワイ便往復ビジネスクラス相当のマイルプレゼント、年2回1回15万円相当のカスタマイズギフト、ポイント還元率:2.0%、最高20万円相当のホテルギフトなど、高額なギフトが多くよういされています。

デメリットは、高額な年会費と知名度の低さです。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamondの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカード

  • 年会費の安さ
    1
  • サービスの質
    5
  • ステイタス性の高さ
    5
  • 取得難易度の低さ
    1
  • 情報の量
    1
サービス名ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカード
カード会社三井住友トラストクラブ
国際ブランドDiners
年会費550,000円
取得方法インビテーション(招待)、ダイナースクラブ プレミアムカードの利用
特徴的なサービスプライベートコンシェルジュ、最高級レストランで年1回コース料理無料、GINZA SIX「LOUNGE SIX」
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカードがおすすめの理由

ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカードがおすすめの理由は、ダイナースクラブの最上位のカードであるブラックカードという点です。ダイナースクラブ プレミアムカードの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。

最高級レストランで年1回コース料理無料、ダイナースクラブ銀座プレミアムラウンジ、GINZA SIX「LOUNGE SIX」、日本橋三越本店・伊勢丹新宿店「ザ・ラウンジ」、ニューオータニクラブラウンジ、ANAビジネスジェットの無料送迎、年1回の無料宿泊、オーダーメイド旅行などが用意されています。

デメリットは、高額な年会費と取得ハードルの高さです。

ダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカードの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

  • 年会費の安さ
    3
  • サービスの質
    4
  • ステイタス性の高さ
    4
  • 取得難易度の低さ
    4
  • 情報の量
    3
サービス名ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
カード会社Black Card I 
国際ブランドMastercard
年会費220,000円
取得方法申込
特徴的なサービスメールコンシェルジュデスク、レストランハイヤー送迎
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardがおすすめの理由

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardがおすすめの理由は、直接申込が可能なブラックカードという点です。ゴールドカードという名称ですが、年会費22万円で十分にブラックカード品質のカードとなっています。

ラグジュアリーカード自体は、日本進出間もないカード会社ですが、24金コーティング金属製カードの特別感や、24時間メール対応ができるコンシェルジュデスク、ホテル1滞在あたり5.5万円相当の優待、レストランのリムジン送迎など、特別感あふれるサービスが揃っています。

デメリットは、ラグジュアリーカードの最上位のカードではないため、まだ上があるという点です。

ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

ダイナースクラブ プレミアムカード

  • 年会費の安さ
    4
  • サービスの質
    3
  • ステイタス性の高さ
    4
  • 取得難易度の低さ
    3
  • 情報の量
    3
サービス名ダイナースクラブ プレミアムカード
カード会社三井住友トラストクラブ
国際ブランドDiners
年会費143,000円
取得方法インビテーション(招待)、ダイナースカードの利用
特徴的なサービス銀座プレミアムラウンジ、プレミアム専用デスク
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ダイナースクラブ プレミアムカードがおすすめの理由

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブのブラックカードという点です。ダイナースカードの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。

取得ハードルはそれほど高くなく、1年以上の100万円以上の利用があればインビテーション(招待)がくる比較的取得しやすいブラックカードとなっています。

デメリットは、銀座プレミアムラウンジやエグゼクティブ ダイニングが利用できますが、サービスレベルとしては他のブラックカードに劣っている点です。その分、年会費も安く設定されています。

ダイナースクラブ プレミアムカードの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

ANAダイナース プレミアムカード

  • 年会費の安さ
    4
  • サービスの質
    3
  • ステイタス性の高さ
    4
  • 取得難易度の低さ
    3
  • 情報の量
    3
サービス名ANAダイナース プレミアムカード
カード会社三井住友トラストクラブ
国際ブランドDiners
年会費170,500円
取得方法インビテーション(招待)、ANAダイナースカードの利用
特徴的なサービス国内線ANAラウンジ、銀座プレミアムラウンジ、プレミアム専用デスク
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ANAダイナース プレミアムカードがおすすめの理由

ANAダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブのブラックカードという点です。ANAダイナースカードの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。

取得ハードルはそれほど高くなく、1年以上の100万円以上の利用があればインビテーション(招待)がくる比較的取得しやすいブラックカードとなっています。また、国内線ANAラウンジが使えて、マイルが貯まりやすいメリットがあります。

デメリットは、サービスレベルとしては他のブラックカードに劣っている点です。その分、年会費も安く設定されています。

ANAダイナース プレミアムカードの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

JCBザ・クラス

  • 年会費の安さ
    5
  • サービスの質
    3
  • ステイタス性の高さ
    4
  • 取得難易度の低さ
    3
  • 情報の量
    3
サービス名JCBザ・クラス
カード会社JCB
国際ブランドJCB
年会費55,000円
取得方法インビテーション(招待)、JCBプラチナの利用
特徴的なサービスディズニーリゾート会員制レストラン「クラブ33」に入れる、選べるプレゼント
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

JCBザ・クラスがおすすめの理由

JCBザ・クラスは、JCBの最上位のカードであるブラックカードという点です。JCBプラチナの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。国内ブランドのカード会社であるJCBのブラックカードとして、外資系カードにはない特徴があります。

とくに人気があるのは「東京ディズニーリゾート 会員専用ラウンジ」「ザ・クラス 名食倶楽部」です。年会費も55,000円とかなり安いブラックカードとなっています。

デメリットは、サービスレベルとしては他のブラックカードに劣っている点です。その分、年会費も安く設定されています。

JCBザ・クラスの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

  • 年会費の安さ
    3
  • サービスの質
    3
  • ステイタス性の高さ
    4
  • 取得難易度の低さ
    5
  • 情報の量
    3
サービス名ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
カード会社Black Card I 
国際ブランドMastercard
年会費110,000円
取得方法申込
特徴的なサービスメールコンシェルジュデスク、レストランハイヤー送迎
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardがおすすめの理由

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardがおすすめの理由は、直接申込が可能なブラックカードという点です。ゴールドカードという名称ですが、年会費11万円で十分にブラックカード品質のカードとなっています。

ラグジュアリーカード自体は、日本進出間もないカード会社ですが、24金コーティング金属製カードの特別感や、24時間メール対応ができるコンシェルジュデスク、ホテル1滞在あたり5.5万円相当の優待、レストランのリムジン送迎など、特別感あふれるサービスが揃っています。

デメリットは、ラグジュアリーカードの最上位のカードではないため、まだ上があるという点です。

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

楽天ブラックカード

  • 年会費の安さ
    5
  • サービスの質
    2
  • ステイタス性の高さ
    2
  • 取得難易度の低さ
    2
  • 情報の量
    2
サービス名楽天ブラックカード
カード会社楽天カード
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、AMEX
年会費33,000円
取得方法インビテーション(招待)、楽天プレミアムカードの利用
特徴的なサービスポイント優待
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

楽天ブラックカードがおすすめの理由

楽天ブラックカードがおすすめの理由は、楽天カードの最上位のカードであるブラックカードという点です。楽天プレミアムカードの利用者にインビテーション(招待)が来て発行できるブラックカードです。

年会費は33,000円とかなり格安のブラックカードで、楽天市場のポイント還元率が高い特徴があります。

デメリットは、サービスレベルとしては他のブラックカードに劣っている点です。ステイタス性もほとんどないブラックカードとなっています。

楽天ブラックカードの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

TRUST CLUB ワールドエリートカード

  • 年会費の安さ
    3
  • サービスの質
    2
  • ステイタス性の高さ
    2
  • 取得難易度の低さ
    4
  • 情報の量
    3
サービス名TRUST CLUB ワールドエリートカード
カード会社三井住友トラストクラブ
国際ブランドMastercard
年会費143,000円
取得方法申込
特徴的なサービスホテル特別優待
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

TRUST CLUB ワールドエリートカードがおすすめの理由

TRUST CLUB ワールドエリートカードがおすすめの理由は、直接申込が可能なブラックカードという点です。年会費も143,000円と安いブラックカードとなっています。

直接申込ができるブラックカードというのが最大のメリットと言えます。特徴的なサービスはありません。

デメリットは、サービスレベルとしては他のブラックカードに劣っている点です。ステイタス性もほとんどないブラックカードとなっています。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの口コミ

最新口コミ 口コミ投稿数:0

「ブラックカード」おすすめ比較

サービス名アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードラグジュアリーカード/Mastercard Black Diamondダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカードラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardダイナースクラブ プレミアムカードANAダイナース プレミアムカードJCBザ・クラスラグジュアリーカード/Mastercard Black Card楽天ブラックカードTRUST CLUB ワールドエリートカード
カード会社アメリカン・エキスプレスBlack Card I 三井住友トラストクラブBlack Card I 三井住友トラストクラブ三井住友トラストクラブJCBBlack Card I 楽天カード三井住友トラストクラブ
国際ブランドAMEXMastercardDinersMastercardDinersDinersJCBMastercardVisa、Mastercard、JCB、AMEXMastercard
年会費355,000円660,000円550,000円220,000円143,000円170,500円55,000円110,000円33,000円143,000円
取得方法インビテーション(招待)、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの利用インビテーション(招待)、ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Cardの利用インビテーション(招待)、ダイナースクラブ プレミアムカードの利用申込インビテーション(招待)、ダイナースカードの利用インビテーション(招待)、ANAダイナースカードの利用インビテーション(招待)、JCBプラチナの利用申込インビテーション(招待)、楽天プレミアムカードの利用申込
特徴的なサービスパーソナル・コンシェルジェ、エミレーツ航空の上級会員資格「エミレーツ・スカイワーズ・ゴールド」カスタマイズギフト、ホテルギフト(最高20万円相当)、日本・ハワイ往復相当のマイル、専用コンシェルジュチームプライベートコンシェルジュ、最高級レストランで年1回コース料理無料、GINZA SIX「LOUNGE SIX」メールコンシェルジュデスク、レストランハイヤー送迎銀座プレミアムラウンジ、プレミアム専用デスク国内線ANAラウンジ、銀座プレミアムラウンジ、プレミアム専用デスクディズニーリゾート会員制レストラン「クラブ33」に入れる、選べるプレゼントメールコンシェルジュデスク、レストランハイヤー送迎ポイント優待ホテル特別優待
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
口コミ口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判

「ブラックカード」でおすすめのランキング/利用した方の口コミ・評判

口コミを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。
会員登録・ログインして口コミを投稿する

あなたの性別を教えてください
あなたの年代を教えてください
あなたの家族構成を教えてください
あなたの貯金額を教えてください
あなたの年収を教えてください
あなたのあてはまる投資状況を教えてください。

内容に問題なければ、下記の「口コミを投稿する」ボタンを押してください。