「法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)」利用者に関する総合調査2019年度の調査結果を発表

年々、拡大する法人カード市場の中で、法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)を利用した経験のある方(法人経営者・個人事業主・自営業者)への総合調査を行いました。

法人カード比較情報サイト「法人カード比較コンシェル」、資金調達サポートサイト「資金調達BANK」を運営する株式会社セイビーは、法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)を利用した経験のある方(法人経営者・個人事業主・自営業者)への総合調査を行いました。

本調査は、年々需要が伸びている法人カードの利用実態を調査するために、インターネット調査を利用して、法人経営者・個人事業主・自営業者10,087人に対して、法人カードの利用経験を調査し、さらに利用経験がある方330人に対して、詳細なアンケート調査を実施したものです。

【アンケート調査実施の目的】

年々、法人カードの市場規模は拡大しています。クラウドサービス・アプリが普及するにつれて、法人や個人事業主の支払い方法も、ネット決済、キャッシュレス決済、モバイル決済、電子マネーなどが普及しはじめているからです。

今回の調査は、法人カードの利用者の実態、法人カードの利用方法・利用シーン、課題などを明らかにして、当社のサービスに活かしていくことを目的として実施しました。

【調査概要】

調査時期:2019年5月
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
スクリーニング調査対象者:10,087人(会社経営者・個人事業主・自営業)
本調査対象者:330人(会社経営者・個人事業主・自営業)

【調査結果一部抜粋】

法人カードの利用経験(n=10,087人)

29.9%の方が法人カードの利用経験があり、そのうちの55.6%が継続して、法人カードを利用中。
まだ、70.1%の方は、法人カードの利用経験がない

代表取締役の方は、61.2%が利用経験があり、そのうちの797%が継続して、法人カードを利用中。
個人事業主の方は、利用経験が17.2%と低い

法人カードの支払い先(n=330)

もっとも多いのが「PC危機の購入」45.2%
次いで多いのが「事務用品・消耗品の購入」40.0%
その他、国内出張関連、飲食代(接待)の費用が多い

利用している法人カードの国際ブランド(n=330)

多い順に「VISA」「JCB」「MasterCard」「AMEX」「Diners」「銀聯(UnionPay)」

利用ししている法人カードのカード会社(n=330)

多い順に「JCB」「三井住友カード」「アメリカン・エキスプレス」「三菱UFJニコス」「楽天カード」

その他の主な調査項目

  • 法人カードの保有枚数
  • 法人カードの利用頻度
  • 法人カードの利用金額(1カ月)
  • 法人カードの支払い場所
  • 法人カード発行の決め手
  • 法人カードを比較検討するときに重視する項目
  • 法人カード利用中の経験
  • 法人カードの満足度(国際ブランド別、カード会社別)

調査結果の詳細は、次のリンク先をご覧ください。

法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)利用者への総合調査/2019年版リサーチ調査

法人カード(法人クレジットカード・ビジネスカード)利用者への総合調査/2019年版リサーチ調査

こちらもご覧ください。

人気の投稿