大学からお金を借りる方法。メリットデメリット・注意点・手順を徹底解説

student
「大学からお金を借りる方法には何がありますか?」
「大学からお金を借りるメリットデメリットは何ですか?」
「大学からお金を借りるときの注意点を教えてください。」

学生がお金を借りる方法の一番手は「大学」です。では、大学からお金を借りるときには何に気を付ければ良いのでしょうか?今回は、大学からお金を借りる方法。メリットデメリット・注意点・手順を丁寧に解説します。

目次

大学からお金を借りる方法

大学からお金を借りる必要性

大学へ進学するためには

  • 学校へ支払う費用(入学金、授業料、施設設備費など)
  • 受験にかかる費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
  • 在学中に発生する費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
  • その他費用(教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など)

が発生します。

裕福な家庭の場合は、貯金から支払うことになりますが、大学費用は高額になるため、一般的な家庭の場合、どこからかお金を借りないと支払うことが難しいことも多いのです。

私立大学の大学費用の平均値

授業料:904,146円
入学料:249,985円/年
施設設備費:181,902円/年

初年度合計:1,336,033円
4年間合計:4,594,177円

出典:文部科学省「平成30年初年度学生納付金の調査結果概要」

大学費用の平均値
大学生活費授業料など学校給付金修学費、課外活動費、通学費合計
国 立497,900139,800637,700
公 立538,000128,700666,700
私 立1,223,800150,1001,373,900
平 均1,061,600147,2001,208,800
学生生活における生活費・通学費
大学生活費自宅賃貸平均
国 立1,122,3001,381,1001,765,8001,523,200
公 立1,130,3001,489,7001,681,9001,434,700
私 立1,810,8002,166,2002,495,3002,033,600
平 均1,714,0002,001,4002,221,0001,913,500

出典:独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)「平成30年度学生生活調査結果」

一人暮らしをすれば、生活費だけで

  • 222.1万円 × 4年 = 888.4万円

私立に行けば、学費だけで

  • 459.4万円

合計:1347.8万円

もの費用が発生するのです。

teacher
この金額を、学生のアルバイトや親からの仕送りだけで賄うのは、かなり難しく、多くの学生はお金を借りることで、大学生活をおくっているのです。

大学からお金を借りる方法

大学からお金を借りる方法には、いくつかあります。

  1. 日本学生支援機構(文部科学省)の奨学金でお金を借りる方法
  2. 大学が独自で行っている奨学金でお金を借りる方法
  3. 日本政策金融公庫(国の教育ローン)でお金を借りる方法
  4. 大学が提携している金融機関の学生ローンでお金を借りる方法

の4つです。

teacher
厳密に言えば、日本学生支援機構(文部科学省)、日本政策金融公庫(国の教育ローン)は、大学ではありませんが、公的な機関からお金を借りる方法として記載しています。

日本学生支援機構(文部科学省)の奨学金でお金を借りる方法

日本学生支援機構とは

学生に対する奨学金事業や留学支援・外国人留学生の就学支援を行う独立行政法人のこと。文部科学省が所管している

学生等に対する適切な修学の環境を整備することを目的とした政府系機関です。

日本学生支援機構の奨学金でお金を借りる方法

お金を借りる方法としては「奨学金」になります。

日本学生支援機構の奨学金には

  • 「貸与型」の奨学金
  • 「給付型」の奨学金

があります。

「貸与型」の奨学金
返済が必要な奨学金のこと

第一種

項目内容
対象国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生・生徒
選考特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人
貸与額学校種別(大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程))、設置者(国立・公立・私立)、入学年度、通学形態(自宅通学・自宅外通学)によって定められた貸与月額のいずれか
利子無利子
返還方式定額返還方式、所得連動返還方式

第二種

項目内容
対象国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校(4・5年生)・専修学校(専門課程)の学生・生徒
選考第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人
貸与額大学院においては5種類の貸与月額から、大学・短期大学・高等専門学校(4・5年生)・専修学校(専門課程)においては11種類の貸与月額から、それぞれ自由に選択
利子年率3.0%(在学中は無利子)
返還方式定額返還方式、所得連動返還方式
奨学金の制度(給付型)
返済が不要な奨学金のこと

選考基準

学力基準

1年生※下記いずれか

  • 高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位2分の1の範囲に属すること
  • 高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
  • 将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること

2年生以上※下記いずれか

  • GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位2分の1の範囲に属すること
  • 修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること

支給額

種類区分自宅通学自宅外通学
国公立
大学
短期大学
専修学校(専門課程)
第1区分29,200円66,700円
第2区分19,500円44,500円
第3区分9,800円22,300円
私立
大学
短期大学
専修学校(専門課程)
第1区分38,300円75,800円
第2区分25,600円50,600円
第3区分12,800円25,300円

家計に係る基準(収入基準・資産基準)

収入基準

  • あなたと生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
  • あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること。
  • あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること。

資産基準

  • あなたと生計維持者(2人)の資産額(※)の合計が 2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること

大学が独自で行っている奨学金でお金を借りる方法

各大学が独自に行っている「奨学金」というものがあります。

大学が独自で行っている奨学金は「給付型(返済不要)」の奨学金が多いです。

例:東京大学の独自奨学金

例:東京大学の独自奨学金
  • 東京大学学部学生奨学金(高校予約型)
  • 東京大学さつき会奨学金(島村昭治郎記念口)<学部女子学生対象>
  • 東京大学さつき会奨学金(高校予約型)
  • 東京大学光イノベーション基金奨学金
  • 東京大学女子学生奨学金
  • 東京大学トヨタ・ドワンゴ高度人工知能人材奨学金
  • 東京大学エンデバー・ユナイテッド・ホールディングス奨学金
  • 東京大学緊急給付型奨学金
  • 東京大学さつき会応援奨学金<女子学生対象>
  • NEC・東京大学フューチャー・AIスカラーシップ

例:慶應義塾大学の独自奨学金

例:慶應義塾大学の独自奨学金
  • 慶應義塾大学給費奨学金
  • 慶應義塾大学大学院奨学金
  • 慶應義塾大学修学支援奨学金
  • 慶應義塾維持会奨学金
  • 創立150年記念奨学金 海外学習支援(年3回)
  • 東日本大震災被災学生復興支援奨学金
  • 指定寄付奨学金
  • キャンパス独自の奨学金
慶應義塾大学・大学院の塾生(在学生)向け公式サイト。 学内奨学金(慶應義塾大学独自の奨学金) 慶應義塾大学が独自で行っている奨学金は、すべて返済の必要がない給付型の奨学金です。ほとんどの奨学金の...

日本政策金融公庫(国の教育ローン)でお金を借りる方法

日本政策金融公庫(国の教育ローン)でお金を借りる方法とは

財務省所管の特殊会社であり、政府系金融機関である「日本政策金融公庫」が提供している「教育一般貸付 (国の教育ローン)」のこと

を言います。

学生本人への貸付ではなく、保護者への貸付となる教育ローンです。

項目内容
対象学校大学、大学院、短大、高校、高専、専門学校、各種学校、予備校、デザイン学校など
対象資金入学金、授業料、受験費用、定期券代、在学のためのアパート代、パソコン購入費など
対象融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、世帯年収(所得)が790万円~1190万円以下(※条件により条件が異なる)の方が対象
金利年率1.5~2.5%(毎月変動)※条件付きで金利優遇あり
金利タイプ固定金利
融資限度額お子さまお1人につき350万円以内※一定の要件に該当する場合は450万円以内
返済方法元利均等返済、元金据置返済(在学中の返済免除)
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の融資のご案内をご紹介いたします。

大学が提携している金融機関の学生ローンでお金を借りる方法

大学が提携している金融機関の学生ローンとは

大学が金融機関(銀行や大手消費者金融)と提携して用意している学費に使える「学生ローン(学費ローン)」のこと

を言います。

例:早稲田大学の提携金融機関との学生ローン

  • 早稲田大学 学費ローン(みずほ銀行、三井住友銀行)
  • オリコ 提携ローン(株式会社オリエントコーポレーション) 「学費ローン(在学時)」「学費ローン(入学時)」
  • 楽天銀行 提携ローン(楽天銀行株式会社) 「学費ローン(在学時)」「学費ローン(入学時)」
  • セディナ 提携ローン(SMBCファイナンスサービス株式会社)
早稲田大学 学費ローンの概要
項目内容
対象者早稲田大学学部生または大学院生の保護者等
資金使途授業料等学費
融資額学費の範囲内(1万円単位)
新規融資分適用金利融資実行日現在の短期プライムレート+2.0%
融資期間1年以上10年以内(1年単位)
返済方法元利均等分割返済
早稲田大学 奨学課のオフィシャルサイト。学内外における様々な奨学金の案内や手続き方法、各種ローンについてなど、本学の奨学金に関する情報を発信しています。

大学からお金を借りる方法の特徴・メリット

1.借りやすい

カードローンやキャッシングなどのお金を借りる方法と比較すると

  • 資金使途が決まっている(学費)
  • 公的な機関が提供している(大学・国・政府系金融機関)

ため、比較的審査は甘く設定されています。

よほどのことがなければ、何らかの方法でお金を借りることはできるはずです。

審査が通りやすく、借りやすい点が大きなメリットです。

2.金利が低金利

カードローンの金利は、10.0%~15.0%と高金利が適用されるのですが、大学からお金を借りる方法の場合

  • 日本学生支援機構(文部科学省)の奨学金でお金を借りる方法 金利:年率3.0%
  • 大学が独自で行っている奨学金でお金を借りる方法 給付型
  • 日本政策金融公庫(国の教育ローン)でお金を借りる方法 金利:年率1.5%~2.5%
  • 大学が提携している金融機関の学生ローンでお金を借りる方法 金利:年率2.0%~3.0%

という低金利での借り入れが可能です。

基本的には「在学中は返済負担なし」「在学中は無利子」のものが多く、卒業後に返済を開始する形が多いです。

低金利でお金を借りられるのは、利息負担を抑える大きなメリットと言えます。・

3.返済不要のものもある

「給付型」の奨学金の場合は、返済が不要です。

  • 日本学生支援機構(文部科学省)の奨学金
  • 大学が独自で行っている奨学金

に「給付型」のものがあります。

「給付型」の奨学金は、もらえる条件が厳しい反面、返済しないで済むという大きなメリットがあるのです。

大学からお金を借りる方法のデメリット・注意点

1.資金使途は「学費」に限定される

どの方法を選択しても、基本的に資金使途は「学費」です。

  • 学校へ支払う費用(入学金、授業料、施設設備費など)
  • 受験にかかる費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
  • 在学中に発生する費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
  • その他費用(教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など)

以外の費用

例えば、海外旅行に行く費用、パチンコやスロットで遊ぶ費用、美容整形の費用に、大学から借りたお金を遣うことはできません。

2.卒業後、返済をしなければならない

お金は借りたら、返すものなのですが

  • 大学の進学費用、学費は1,000万円を超える高額になる
  • 卒業後、どのような仕事に就けるのかはわからない

という問題があり、卒業後、返済が滞ってしまう方も少なくありません。

  • 計画的に返済をする
  • 借り過ぎない
  • 就職を重視する

ことに注意しないと、卒業後の人生設計に狂いが生じてしまう可能性があるのです。

日本学生支援機構(文部科学省)の奨学金でお金を借りる手順

手順その1.申込む

奨学金の申込みは、学校を通じて、申し込みます。

手順その2.学校に書類提出

学校に書類を提出します。学校側が推薦してくれます。

手順その3.審査

日本学生支援機構が審査を行います。

手順その4.採用の決定通知・誓約書の提出

採用が決定すると、決定通知が送られてきます。その上で、返済誓約書にサインをします。

手順その5.奨学金の振込

奨学金が振り込まれます。

手順その6.卒業後、返済開始

卒業後に返済を開始します。

大学が独自で行っている奨学金でお金を借りる手順

手順その1.申込む

奨学金を大学に申込む

手順その2.大学に書類提出

大学に必要書類を提出します。

手順その3.審査

大学側が選考を行います。

手順その4.採用の決定通知・誓約書の提出

採用が決定すると、決定通知が送られてきます。

手順その5.奨学金の振込

奨学金が振り込まれます。

日本政策金融公庫(国の教育ローン)でお金を借りる手順

手順その1.申込む

教育ローンであれば、インターネット上で申込が可能です。

事業資金の場合は、お近くの支店に出向くことで、申込書類を受け取り、申し込むことが可能です。

日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の店舗案内をご紹介いたします。

手順その2.審査

貸付条件に合致しているのかの「審査」が行われます。

手順その3.契約

審査に通れば貸付決定ですので、契約手続きを行います。

手順その4.入金

指定した銀行口座に入金され、借入が完了します。

手順その5.返済

返済日に決まった金額を返済します。

大学が提携している金融機関の学生ローンでお金を借りる手順

手順その1.申込む

提携金融機関の提携教育ローン・学生ローン・学費ローンのウェブサイトから申し込みます。

手順その2.必要書類の提出

必要書類を提出します。

手順その3.審査

提携ローンの「審査」が行われます。

手順その4.審査結果の通知

審査結果が通知されます。

手順その5.入金

大学に直接申込金額が入金されます。

手順その6.卒業後、返済開始

卒業後に返済を開始します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA