【2021年】法人デビットカードおすすめ厳選TOP5ランキング!年会費無料・キャッシュバック率・振込、ATM手数料比較

法人デビットカードとは、法人経営者、個人事業主が利用できる法人口座と連携したデビットカードのことを言います。近年、起業する方が増え、副業やフリーランスの方も増えるとともに、法人カードの市場が伸びてきています。それにつられるように、法人口座と連動した法人デビットカードの需要も伸びているのです。

法人デビットカードであれば、法人カードのように国際ブランドの加盟店で利用することができ、リアルタイムで法人口座から引き落とされるため、立て替えが発生しないため、審査が不要で波高でき、明細も銀行口座の引き落としと利用額が一致するので、会計上の管理がしやすいのです。

当記事では、法人デビットカードを5枚以上保有する筆者が「本当におすすめしたいデビットカード」を下記の項目で比較し、ランキング形式で紹介します。

法人デビットカード比較項目

法人デビットカード比較項目
  • 年会費
  • キャッシュバック率
  • 銀行サービス(ATM手数料、振込手数料)の安さ
  • 国際ブランド

法人デビットカードを5枚以上保有する筆者のおすすめポイント

法人デビットカードは、法人カードのように「ステイタス性」「レストラン優待」「ビジネス優待」「ホテル優待」「コンシェルジュデスク」のようなサービスはほとんどないため、シンプルな要素で比較検討が可能です。

できるだけ年会費が安く
多くの加盟店で利用することができて
多くのキャッシュバックを受けられる法人デビットカード

がおすすめの法人デビットカードということになります。

また、法人デビットカードは、法人口座と紐づいて発行される決済用カードですので、法人口座の開設がマストです。法人デビットカード選びは、法人口座選びと同じ意味を持ちます。

法人口座を選ぶポイントとしては

  • 振込手数料が無料、安い
  • ATM手数料が無料、安い

法人口座がおすすめです。とくにビジネスをしていれば、銀行振込で取引先やサービス供給元、外注先に振り込むことも多くなるため、振込手数料が安ければ安いほど、コスト削減につながるからです。振込手数料、ATM手数料の安さも含めて、法人デビットカードを比較する必要があります。

お金コーチ TAKU

ポイントやマイル、ポイ活、海外旅行が好きな経営者、クレジットカード、デビットカード、法人カードなど100枚以上のカードを持ち、ポイ活生活を送っています。

法人デビットカードおすすめ厳選TOP5ランキング

1位.GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビット

GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビット

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
法人利用
個人事業主利用-
法人口座開設上限数20口座まで
法人口座振込限度額~500万円以内/回(引上可能)
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  0円
同行宛 3万円以上  0円
他行宛 3万円未満 166円
他行宛 3万円以上 261円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
デビットカード1日最大利用限度額500万円

デビットカードでGMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビットをおすすめする理由

GMOあおぞらネット銀行Visaビジネスデビットをおすすめするポイントは

  • 年会費無料
  • キャッシュバック率:1.0%

というコストパフォーマンスの高さです。

しかも、

  • Visaブランド

ですので、日本国内、海外でも、クレジットカードが使えるお店やネットショップであれば、ほぼ間違えなく利用することが可能です。

さらに

  • 同行宛ての振込手数料が無料

ですので、振込取引が多い取引先やグループ会社と併せて、GMOあおぞらネット銀行の法人口座を作れば、コストをかけずに送金が可能になります。

使い勝手、コストパフォーマンス、法人口座の使い勝手、すべてのレベルが高い法人デビットカードとしておすすめです。
デメリットはほぼありませんが、新しい銀行ですので、利用している企業が少なく、示し合わせないとなかなか「同行宛て手数料無料」の特典が利用できない点です。

2位.法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」

法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」

国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
法人利用
個人事業主利用-
法人口座開設上限数1口座まで
法人口座振込限度額10万円以上1,000万円以内/日
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  50円
同行宛 3万円以上  50円
他行宛 3万円未満 160円
他行宛 3万円以上 250円
キャッシュバック還元率下限0.80%
キャッシュバック還元率上限0.80%
ポイント還元率下限0.80%
ポイント還元率上限0.80%
デビットカード1日最大利用限度額200万円

デビットカードで法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」をおすすめする理由

法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」をおすすめする理由は

  • 年会費無料
  • ポイント還元率:0.8%(1ポイント=1円相当で現金化可能)

というコストパフォーマンスの高さです。

Mastercardブランドで

  • Mastercard T&E Savings(レストラン優待)
  • Mastercard Business Assist(ビジネス優待)

が利用可能です。

  • 同行宛ての振込手数料:50円(税込)
  • 他行あての振込手数料:振込金額3万円未満 160円(税込)
  • 他行あての振込手数料:振込金額3万円以上 250円(税込)

と振込手数料も安く、

  • 外貨預金口座(米ドル)から支払可能
  • 直近15カ月分の利用明細が見れる

点も、会計上は非常に助かるポイントです。

使い勝手、コストパフォーマンスに優れた法人デビットカードとなっています。
デメリットは、ポイント還元率が若干トップクラスの法人デビットカードと比較すると劣る点です。

3位.法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Visa)」

法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Visa)」

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
法人利用
個人事業主利用-
法人口座開設上限数1口座まで
法人口座振込限度額10万円以上1,000万円以内/日
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  50円
同行宛 3万円以上  50円
他行宛 3万円未満 160円
他行宛 3万円以上 250円
キャッシュバック還元率下限0.60%
キャッシュバック還元率上限0.60%
ポイント還元率下限0.60%
ポイント還元率上限0.60%
デビットカード1日最大利用限度額200万円

デビットカードで法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Visa)」をおすすめする理由

法人用デビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Visa)」をおすすめする理由は

  • 年会費無料
  • ポイント還元率:0.6%(1ポイント=1円相当で現金化可能)

というコストパフォーマンスの高さです。

Mastercardブランドで

  • Visaビジネスグルメオファー(レストラン優待)
  • Visaビジネスオファー(ビジネス優待)

が利用可能です。

  • 同行宛ての振込手数料:50円(税込)
  • 他行あての振込手数料:振込金額3万円未満 160円(税込)
  • 他行あての振込手数料:振込金額3万円以上 250円(税込)

と振込手数料も安く、

  • 外貨預金口座(米ドル)から支払可能
  • 直近15カ月分の利用明細が見れる

点も、会計上は非常に助かるポイントです。

サービスレベルは、ほぼ「ミライノ デビット(Mastercard)」と同じですが、ポイント還元率が落ちるデメリットがあります。
どうしても、Visaブランドを使い方におすすめです。

4位.楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)

国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)1,000円
2年目~年会費(税別)0円
法人利用
個人事業主利用-
法人口座開設上限数1口座まで。デビットカードは1口座あたり9999枚発行可能
法人口座振込限度額~3,000万円以内/回(引上可能)
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  52円
同行宛 3万円以上  52円
他行宛 3万円未満 168円
他行宛 3万円以上 262円
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
デビットカード1日最大利用限度額3000万円

デビットカードで楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)をおすすめする理由

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)をおすすめする理由は

  • 年会費無料
  • キャッシュバック率:1.0%

というコストパフォーマンスの高さです。

JCBブランドですので、VisaやMastercardよりは、海外利用で使えない加盟店が多くなることと、ビジネス優待、レストラン優待が使えないデメリットがあります。
  • 同行宛ての振込手数料:52円(税込)
  • 他行あての振込手数料:振込金額3万円未満 168円(税込)
  • 他行あての振込手数料:振込金額3万円以上 262円(税込)

と、振込手数料も若干高いものの、楽天銀行の方がネット銀行の中では、早く立ち上げられた銀行ですので、楽天銀行を使っている法人も多く、安い振込手数料で利用できる可能性が高いのです。

機能面では、シンプルでコストパフォーマンスが高く、振込手数料を下げやすいメリットがある法人デビットカードと言えます。

5位.Visaビジネスデビット/JNB Visaデビットカード

Visaビジネスデビット/JNB Visaデビットカード

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
法人利用
個人事業主利用
法人口座開設上限数20口座まで。1口座当たり5個のデビットカード番号を発行可能。
法人口座振込限度額~500万円/日
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  55円
同行宛 3万円以上  55円
他行宛 3万円未満 176円
他行宛 3万円以上 275円
キャッシュバック還元率下限0.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限0.20%
ポイント還元率上限0.20%
デビットカード1日最大利用限度額500万円

デビットカードでVisaビジネスデビット/JNB Visaデビットカードをおすすめする理由

Visaビジネスデビット/JNB Visaデビットカードのおすすめのポイントは

  • 年会費無料
  • JNBカードレスVisaデビットが使える

点です。

JNBカードレスVisaデビットとは

オンラインで発行できるカードレスのデビットカードのこと

を言います。

カード番号の発行、変更がウェブ上から簡単にでき、同時に4つまで保有可能です。

法人経営者でない、社員(経理担当、総務担当、秘書、役員)にJNBカードレスVisaデビットを発行すれば、それで法人口座から引き落とせるカード払いが可能になるのです。

カード番号の発行、変更も、できるので、社員が辞めたり、必要なくなったら、新規のカード番号で別の社員に渡すこともできるのです。

JNBカードレスVisaデビットで社員が自由に使える機能が一押しの法人デビットカードです。
デメリットは、キャッシュバック率:0.2%とかなりお得さは低い点です。お得な法人デビットカードではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA