【保存版】不動産クラウドファンディング業者を全部ご紹介!業者一覧

物件を自分で購入しなくとも、少額から不動産投資ができる不動産クラウドファンディングが最近注目されています。不動産クラウドファンディングは簡単にいえば、みんなで大家さん、多数の投資方達が集まって収益物件を購入するようなものです。

オンラインで簡単に投資に参加できることや、民泊や空き家再生などと、これまでの不動産投資とはちょっと異なる新しい企画が魅力になっていますが、まだ、その業者の数は少ないの現状です。

クラウドファンディング自体が、近年になって一般的に普及しはじめた新しい投資方法であるため、情報を入手が困難な面もあります。不動産クラウドファンディングに興味があっても、まずはどんな業者があるのか、どのように探せばいいのかわからない人も多いでしょう。

これからますます人気が集まると思われる不動産クラウドファンディングの業者を全部ご紹介いたします。業者一覧を作成しておきましたので、ぜひ、今後の投資にお役立て下さい。

不動産クラウドファンディングとは

では、まず最初に不動産クラウドファンディングとは、正確にはどのような仕組みになっているのかここで確認しておきましょう。

不動産クラウドファンディングとは、不動産運用会社が物件を購入・運用するために、不特定多数の投資家達からオンラインで資金を集めるファンドのことをいいます。

一企業や一個人が不動産を購入するとなれば、多額な資金を用意せねばならず容易ではありません。しかし、みんなで資金を出し合えばそれも可能です。この原理から不動産運用会社が資金を集めています。

これは、不動産クラウドファンディングだけに限らず、その他多くの種類のクラウドファンディングの基盤となる仕組みです。

不動産運用会社

クラウドファンディングの不動産運用会社の大きな特徴は、まだ新しいベンチャー企業である場合が多いことです。中には大手不動産関連の系列会社などがクラウドファンディングを行うこともあります。

不動産クラウドファンディングの運営会社の大きな特徴は、

  • 新しいアイデアによる不動産投資
  • 短期で運用して売却する物件が多い
  • 新しい時代に応じた地域創生や土地開発を行う
  • 空き家・中古住宅などを再生活用する
  • 民泊やシェアハウスなどのオリジナル企画

といった内容になり、その企画によっては非常に興味深い面白い物件を見つけることも可能です。

これまでの大手不動産業者とは、ちょっと違った点が不動産クラウドファンディングの魅力になっているのです。最近では大手不動産の穴吹興産もクラウドファンディングに参入しており、今後の参入する企業も増えていくことが期待できます。

ソーシャルレンディングとは

不動産クラウドファンディングには、不動産運用会社に投資をする「不動産投資型」と「融資型(貸付型)」の2つがあります。

融資型(貸付型)の不動産クラウドファンディングはソーシャルレンディングとも呼ばれる投資方法になります。最終的に不動産に投資を行うという点 で双方は全く同じなのですが、資金を提供する仕組みが若干異なります。

大まかにソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いを理解しておきましょう。

金融業者が資金を集める

不動産クラウドファンディングの代表的なファンドは先述したように、物件を購入・運用する不動産会社が資金を収集しています。

ソーシャルレンディングの場合は、不動産会社に融資(貸付・ローン)を行う金融業者が資金を集めます。つまり、不動産会社と投資家の間に1社が介入していることになります。

金融業者を通じて、不動産投資を行うのがソーシャルレンディング型のクラウドファンディングになるのです。

不動産クラウドファンディング一覧

では、実際に不動産クラウドファンディングにはどのような業者(運営会社)があるのでしょうか。一応、ソーシャルレンディング型(融資型)と分けてご紹介していきたいと思います。

運営会社
FANTS funding FANTAS technology   企業情報
CREAL ブリッジ・シー・キャピタル  企業情報
RENOSY RENOSY  企業情報
クラウドリアルティ クラウドリアルティ  企業情報
TATERU funding TATERU    企業情報
Jointo α 穴吹興産  企業情報
ランドネット ファンディング ランドネット  企業情報

不動産運用会社へ直接投資をするタイプのクラウドファンディングは以上の7社があります。

それぞれの大まかな特徴と、参考物件を見ていきましょう。

FANTAS funding

【企業情報】

2010年設立、資本金1億円、株式会社ファンタステクノロジー株式会社が不動産運用を行います。主要事業としてクラウドファンディング、WEBメディア事業を展開しています。

【特徴】

空き家問題に特化した、空き家再生を得意とする不動産会社です。築年数を経て劣化が見られる住宅などを、最新のデザインにリフォームして賃貸経営を行っています。低価格で不動産を購入し住宅の価値を高めることから高利回りが実現しやすいのが特徴です。

最低投資金額:1万円~

【参考物件】

出典:FANTAS funding

千葉県市原市、1974年築の中古住宅の再生事業、臨海工業地帯近辺の住宅地の戸建て物件です。分配金利回り例:8.0%

FANTAS funding のサイトはこちら。

CREAL

【企業情報】

2011年設立、資本金10億円の株式会社ブリッジ・シー・キャピタルのクラウドファンディングです。アセットマネジメント、ヘルスケア、クラウドファンディングの3つの分野で事業を展開しています。

【特徴】

東京都心部のコンパクトな単身向け中型マンション、高齢者施設、宿泊施設に特化した不動産へ投資を行います。住宅施設だけでなく、不動産の種類を分散することでリスクを抑えて高い収益を狙います。金融市場の動きに合わせて短期的な売買によって、効率よく利益を得る運用方法が強みです。

最低投資金額:1万円~

【参考物件】

出典:CREAL

東京都新宿区の「早稲田」駅近辺のワンルームマンションです。コンビニやスーパーが充実し生活に便利な地区に所在しています。分配金利回り例:4.2%

CREALのサイトはこちら。

RENOSY

【企業情報】

2013年設立、資本金1億円、株式会社RENOSYはAIを活用した不動産取引事業を行っている会社です。創業当初から中古不動産の流通事業を展開しており、一般向けに不動産売買や不動産投資サポートなどを行っています。

【特徴】

中古物件をお洒落なデザイナーズマンションにリノベーションするのがRENOSYの強みです。東京23区、関東エリアの賃貸マンションの運営を展開しています。AIを活用した不動産リサーチにて、物件探しから売買、賃貸、リノベーションと幅広く手掛けており、それぞれ入居者に合った暮らしやすさとは何かと追求した不動産運用が大きな特徴です。

最低投資金額:1万円~

【参考物件】

出典:RENOSY

こちらは、RENOSYが行ったリノベーションの一例です。白・淡いグレーを基調に壁と床をモルタルでお洒落に仕上げています。分配金利回り例:8.0%

RENOSYのサイトはこちら。

クラウドリアルティ

【企業情報】

2014年設立、外資系の住宅メーカー、不動産投資で実績のあるトップを揃えた不動産運営会社です。カブドットコム証券、新生銀行、三菱UFJ銀行、三菱地所などの大手企業が出資するクラウドファンディングです。

【特徴】

他では見られないオリジナル性の高い企画を行っており、新しいニーズにこたえる新しいタイプの不動産運用を行っています。築100年以上の古民家をモダンな民泊・ホテルに改築したり、シェアハウス、飲食店などを展開しています。国内だけでなく、海外不動産のクラウドファンディングの募集も探すことが可能です。

最低投資金額:5万円~10万円以上(物件による)

【参考物件】

出典:クラウドリアルティ

全国でも宿泊施設の需要が高いといわれる京都府の観光名所にて、古民家・町家をモダン和風なお洒落な宿泊施設へとリノベーションを行っています。定期的に継続して「京町屋ファンド」をして募集されています。分配金利回り例:6.0%

クラウドリアルティのサイトはこちら。

TATERU funding

【企業情報】

2006年設立、資本金72億円、株式会社TATERUが運営するクラウドファンディングです。アパート経営の開発・運営とクラウドファンディング事業を行っています。

※備考 2018年に顧客の預金残高改ざん問題にて、一時的に運営を休止していました。今後は内部業務のモニタリングを徹底させていく方針を発表しており、今のところ新しい企画募集は発表されいません。今後の投資判断は各自にお任せします。

【特徴】

Iotを活用した賃貸経営に強みがあり、入居者、オーナー、管理会社それぞれに役に立つアプリ開発も行っています。ホテル事業や旅行事業にも力を入れており、IT技術と不動産を融合させた新しいライフスタイルの提案を開拓しています。2,3階建ての小型のアパートを中心に不動産投資を行います。

【参考物件】

出典:TATERU funding

Robot homeといって、Iotが活用できるシステムKitを不動産運営に活用しています。部屋に設置されたセントラルコントローラーで、ドアのカギ、空調、電気、PC、その他家電などをすべてリモート操作できるシステムです。分配金利回り例:4.8%

TATERUの情報はこちら。

jointo α

【企業情報】

jointo α(ジョイントアルファ)は、大手不動産の穴吹興産株式会社が開始したばかりのクラウドファンディングです。穴吹興産は1964年設立、資資本金7億円、戸数売り上げ数は国内で10位以内にランクインする不動産会社です。

【特徴】

2019年5月に第一回目のクラウドファンディングの募集が開始されました。地域創生に特化した不動産開発と運営を目指しています。地域で放置された物件、眠ったままの価値を再発見、再活用していく不動産投資になります。これまでの実績と長年の経験による不動産運用が大きな強みになります。

最低投資金額:10万円~(物件による)

【参考物件】

出典:jointo α

2019年7月に募集の物件、香川県高松駅そばのシェア型ゲストハウスです。1つのスペースに7つのベッドが設置されている新しいタイプのホテルになります。分配金利回り例:4.0%

jointo αの募集はこちら。

ランドネットファンディング

【企業情報】

1999年にワンルームマンション投資を目的に株式会社ランドネットが設立されました。不動産投資事業、投資物件の売買、仲介、賃貸、コンサルティング等を主に行っている不動産会社です。

【特徴】

ランドネットファンディングでは首都圏エリアだけでなく全国的な展開をしていることが大きな特徴です。また、投資に特化した不動産運用の実績が高く、高利回り物件を提供できることが大きな強みです。また、元本割れをしないことを最低条件として運用戦略を考えています。とくにこれからは人生100年ということで、手堅い資産運用の手段として不動産投資の展開を図っています。

最低投資金額:1万円~

【参考物件】

出典:ランドネットファンディング

千代田区御茶ノ水のワンルームマンションです。2014年に施工された建物で築浅物件であることと、公示地価が全国でも2位の立地であることから資産価値が非常に高い好物件です。分配金利回り例:8.0%

ランドネットファンディングのサイトはこちら。

ソーシャルレンディング(不動産)一覧

それでは、次に金融事業者が資金を収集し不動産会社へ融資を行うタイプ、ソーシャルレンディング型の不動産クラウドファンディングをご紹介していきます。

まずは、ソーシャルレンディング一覧を見てみて下さい。

金融事業社
OwnersBook ロードスターキャピタル 企業情報
bit REALTY bit REALTY   企業情報
LENDEX LENDEX   企業情報
Pocket Funding ソーシャルバンクZAIZEN  企業情報
SBIソーシャルファンディング SBIソーシャルレンディング  企業情報
Crowd Bank 日本クラウド証券  企業情報
maneo(その他系列10社から選べる)※注意 maneoマーケット  企業情報

ソーシャルレンディング型の不動産クラウドファンディングは融資型、貸付型、ローン型とも呼ばれており、不動産投資型のファンディングよりも数は断然多くなります。maneoマーケット系列のソーシャルレンディングも含めると全部で17社になります。

※ただ、ファンドによっては不動産の物件情報があまり詳しく確認できないものもありますので注意しましょう。

OwnersBook

【企業情報】

総合不動産会社ロードスターキャピタル株式会社として2012年設立、1990年代から投資ファンドアセットマネジメント等で経験を積んだプロフェッショナル達が主要メンバー。資本金13億円。

【特徴】

現物不動産以外の投資方法を開拓し、個人投資家たちによって共有できる新しい不動産投資の道を切り開くことを目的にしています。みんなで不動産のオーナーになって1冊の本を共有する、というイメージです。ロードスターキャピタルは主に不動産会社への融資を行いますが、自社でも直接不動産取引を行っています。関東地区の賃貸マンション、商業施設、オフィスビル等などの不動産運用に資金を融資をします。

最低投資金額:1万円~

【参考物件】

出典:OwnersBook

東京都中野区の商業施設ビルで住居用と店舗用が混同した建物です。区分所有にて建物の1F店舗部分が対象です。JR、地下鉄などの便利な立地にあり稼働率100%の物件です。分配金利回り例:5.0%

OwnersBookのサイトはこちら。

bit Realty

【企業情報】

2017年設立、資本金4億円、株式会社bit Realtyは不動産投資では名高いケネディクス株式会社と野村総合研究所が出資する不動産クラウドファンディングです。

【特徴】

インターネットを通じ、投資物件、投資方法の高い透明性と安全性を重視して募集を行っています。健全な資産運用を行っていくには、わかりやすい情報を提供することが重要だとしています。メザニンローン、ジュニアローン、シニアローンなどにて不動産運用会社、不動産金融商品への融資を行います。何にどのように資金が使われているのか、詳細がしっかり確認できます。

最低投資金額:100万円以上(物件による)

※最低投資金額は不動産クラウドファンディングの中では高めです。物件によるので確認してみましょう。

【参考物件】

出典:bit Realty

こちらの物件は六本木駅からわずか1分という好条件の商業施設ビルです。ホテル、店舗の共有ビルで、区分所有における不動産担保ローンへの投資になります。分配金利回り例:2.6%

bit Realtyのサイトはこちら。

LENDEX

【企業情報】

2000年設立、資本金1億円、株式会社LENDEXが不動産担保ローンにて融資を行います。
【特徴】

担保ローンが大半を占めるので、安全性が高いソーシャルファンディングです。事業者が返済できない最悪の場合でも担保権によって返済額の回収を可郁穂できます。基本的に利息は毎月分配されるのが大きな特徴です。1年以内の短期ものが多いので、将来的なリスクを回避できます。

最低投資金額:2万円~

【参考物件】

出典:LENDEX

こちらの物件は神奈川県横浜市のアパートで、地元不動産業者の買い付け、リフォーム資金の融資です。分配金利回り例:8.0%

LENDEXのサイトはこちら。

Pocket Funding

【企業情報】

2012年設立、資本金6000万円、ソーシャルバンクZAIZEN株式会社が不動産事業者に融資を行います。沖縄県、近辺のアジア諸国を中心に展開しており、他のファンドとは一風変わったソーシャルレンディングです。

【特徴】

Pocket fundingの強みは融資先の不動産事業者への審査を厳格に実行していることです。返済遅延、返済不能などのリスクを回避することができます。また、地域特有の石垣島・宮古島などの観光施設、軍隊施設などの不動産投資ができることが魅力です。

最低投資金額:1万円~

【参考物件】

出典:pocket funding

観光地で有名な沖縄石垣島の不動産へ融資です。分配金利回り例:5.00%

Pocket fundingのサイトはこちら。

SBIソーシャルファンディング

【企業情報】

SBIソーシャルファンディングは、ソフトバンク・インベストメント株式会社から展開したSBIホールディングスに属する金融事業者です。2008年設立され、SBIグループが100%出資する大手のソーシャルレンディングになります。

【特徴】

SBIソーシャルレンディングでは不動産事業だけでなく、太陽光発電設備、事業支援など幅広い事業への融資を行います。大手が運営するクラウドファンディングなので、比較的に安心して投資を行うことができます。

最低投資金額:1万円~(物件による)

【参考物件】

出典:SBIソーシャルレンディング

こちらは太陽光発電メガソーラーへの融資になります。玄海インベストメントアドバイザー社と提携しており、「かけはしシリーズ」として協業ローンの募集が定期的に行われています。分配金利回り例:7.0%

SBIソーシャルレンディングのサイトはこちら。

Crowd Bank

【企業情報】

Crowd Bankを運営するのは、日本クラウド証券株式会社です。中堅の証券会社として、有価証券の売買取引、あっ旋、コンサルティング、M&A事業などを行っています。

【特徴】

投資の初心者から上級者向けに多彩な投資案件を用意しており、最低投資金額も様々です。少額・短期でも収益を得られるよう高利回りの資産運用を目指しています。海外投資ができる物件が多いのが大きな特徴です。

最低投資金額:1万円~3万円以上(物件による)

【参考物件】

アメリカ、カリフォルニア州の不動産担保ローンに投資を行います。米ドル建てで資金提供、分配金支給、償還がされるソーシャルレンディングです。分配金利回り例:7.4%

Crowd Bankのサイトはこちら。

maneo

【企業情報】

2007年設立、資本金30億円、株式会社maneoマーケットが運営するソーシャルレンディング。GMOファイナンシャルHD、SMBCベンチャーキャピタル、池田泉州などが出資する会社で、最大規模の事業者でもあります。

【特徴】maneoマーケティングは、系列会社として複数のソーシャルファンディングを運営しています。代表アカウントとしてmaneoに登録しておけば、その他10社のソーシャルレンディングにも簡単に利用できるようになります。

maneo系列のソーシャルレンディングには、

  • Pre REIT Fund
  • Apple Bank
  • キャッシュフローファイナンス
  • さくらソーシャルレンディング
  • グリーンインフラレンディング
  • AMERICAN FUNDING
  • Smart REND
  • クラウドリース
  • GAIA FUNDING
  • LC LENDING

などトータル11社のソーシャルレンディング事業を運営しています。maneoの公式サイトからアクセス可能です。

※注意!2018年から、maneoグループ内の融資物件にて、返済遅延が相次いでいます。延滞総額は6億円に達しており、今後のmaneoの展開が注視されています。すべてのファンドに問題あるわけではありませんが、リスクはかなり高いといえます。しばらく様子を見るほうがいいでしょう。

【参考物件】

出典:maneo

すでに運用期間が無事に終了しているもので愛知県不動産事業者へのローンファンドです。。日本全国の不動産事業者へ不動産担保ローンとして融資を行っています。(投資物件の詳細が確認できないのが難点です)

maneoの公式サイトはこちら。

※不動産クラウドファンディングの分配金に関する記事も参考にして下さい。

※こちらは不動産クラウドファンディングの元本割れのリスクに関する記事です。

まとめ

不動産クラウドファンディングは、原則として募集期間が決められているので、まずは、投資を始めるタイミングで募集している企画を探すことに手間がかかってしまいます。

また、不動産クラウドファンディング自体の数がまだ少ないこともあり、どんな業者があるのか探すのにも苦労してしまいます。

そこで、今回は保存版としていつでも物件探しができるように、業者一覧を作成しておきました。ぜひ、今後の不動産クラウドファンディングのリサーチにお役立て下さい!

コメントを残す